君よ知るや南の島
  天草なう       

ヒラマツの外田舎第一号へ1450kmの超ウルトラスーパーロングドライブ! 


  遠くへいきたい!
   君よ知るや南の島

    天草なう

田舎の無いヒラマツの第2の故郷その@
(そのAは鹿児島県の徳之島!)
今年で7年目。車で1400kmを走り倒す!

(この記事は上から日付順になっています)


 9月4日(日)19:00pm
 いきなり通行止め・・・
習志野市のO田家を出発。
九州は熊本県の天草まで車で1400km。
到着予定は明日(9/5)夕方日没前に。
…と、いきなり東名大井松田御殿場間雨で通行止めだと!?
嗚呼雨の小田厚迂回道。


  小田原厚木道路から箱根新道を通って沼津へ。
 
 9月5日(月) 午前9時30分
  関門海峡通過
紆余曲折大雨小雨乗り越えて、たった今、関門橋通過。
ゲリラ豪雨(?)の本州よさようなら!
 
夏の光あふれる九州よこんにちは!!
 
 同日 1:30pm
天草の下島に入る。
目的地の友人(田舎)宅まではあと40km!
本渡の生け簀料理山本で日替わりランチ1000円なり。


   
定番は天丼だが、ミックスフライも”うましっ!”
 
 同日 4:00pm
 故郷(?)天草到着!
途中本渡のイオンで米、味噌、醤油など、食料品を調達。
まだまだ明るい4:00pm。
天草西岸、海を見下ろすO田氏田舎宅に到着。
早速徒歩一分、満潮の羊角湾にて、
25cm前後のマハタ二匹、カンモンハタ一匹、
約30cmのコチ一匹を30分ほどでゲット!
 絶・好・調!!!!

 
型のいいのがパタパタッとあがった!しかし、翌日からは・・・!?
 
 滞在中なう!
小高い山の中腹、段々の土地約600坪に中古住宅。
およそ35年前、友人が父上から故郷に出物があるといわれ、
当時のバイト料10万円をはたいて買ったもの。
「オレはいやだったんだけど親父がどうしてもって・・・」
いやぁ〜ありがたや、ありがたや・・・(ヒラマツ談)


 まだまだ現役!築ウン十年の中(大)古住宅。

  庭先からは羊角湾が見渡せ、海まで徒歩1分だ。
 
 9月6日(火) 午前9時
 藤岡弘(川口浩?)探険隊
O田氏の山の木が無断で伐採されたとの話で、
道無き山道を切り開きながら登った。
ヒラマツは20年ぶりにマムシと遭遇!
探険隊は、双頭の蛇は必ずいると確信したのだった!!
(幸い木の盗伐は友人の地所ではなかった)

いやぁ〜シンドイ!蔓草や下生え、邪魔な枝をナタでバサッと。
 
 同日 昼前
 クマンバチ!?退治
O田氏の親戚情報で、物置小屋のタンスに、
くまんばちが巣を作ってるというので殺虫剤で蜂退治。
おぉ〜結構デカイぞとかいいながら…、
おい、これスズメバチじゃねぇか!
地元じゃデカイ蜂はまとめて、 
「くまんばち」っていってるんだとか…
「おいおい…」

マニアの方にはたまらない食材?
スズメバチの幼虫うようよ(きゃぁ〜!)
 
 9月7日(水) 午前9時
 ご先祖様の墓参り
 
O田家の墓は小高い山の中腹にある。
稲穂の実った田んぼの向こうに羊角湾を望み、
なんとも眺めの良い墓だ。
老後を過ごすには最高かと…。
 
 もののけ道?

墓地近くの山裾の小路にしめ縄が張られ、道の端には道祖神が。
この奥にはいったい何があるのか?
 
   天草菓子 1

杉ようかん。
うるち米の餅でこし餡をくるんであります。
杉の葉っぱに挟まっていて、
そのほのかな移り香が上品な和菓子。
でも"ようかん"ではないわなぁ…。
ずっと無くなっていたのが数年前に復活。
友人曰く、「うーん、餅が水っぽい」
 
 同日 午後
 
脚立に登って木の枝を切り落とし、
物置小屋の扉を修理し、
あれこれ終わっての夕方。
焼き鳥買って、ビール出して、
釣りする前に桟橋でグビッ!
(桟橋;うちの縁側!?)
あ〜極楽極楽…。

  
夕日を眺めながらのグビッのあとはキッチリ釣り。
天草でいうガラカブ(カサゴ)20cmちょいをゲット!

  煮付けになって、翌朝の食卓に。
 
 天草菓子 2

だご(団子)。
あんこを餅でくるみ、野バラの葉っぱで包んだもので、まぁ柏餅。
白い餅は食ってしまったので、暗くて見にくいけど、
写真はよもぎ餅のだご。
この前の杉ようかん同様、これも"だんご"ではないわなぁ…。
 
 9月8日(木) 午前中
今日は200坪近い荒れ地の草刈りを。
炎天下、およそ2時間の重労働だ。
なんで天草まで来てこんなことを、と思いつつ、
いやぁ〜ビールが美味いなぁ〜とほくそ笑むヒラマツ。

 
慣れると快感の草刈機。しかし気温34℃!
 

 差し入れなう。
田舎の叔母さんから連日の差し入れが。

皿うどん(太麺堅焼きあんかけバージョン)、マカロニサラダ、
ゴーヤやオクラのおひたし、練り物各種、芋弦やカボチャの煮物、
佃煮、野菜の天婦羅(なす、オクラ、みょうが)、
キビナゴの刺身(酢味噌付き)、…あと何だっけ?
それから例年最終日にはお握りをくれるしなぁ。
お赤飯をくれる知り合いもいたりするし・・・。
ほんとにご馳走様です。
 
  同日 午後
 
 プチ遠征なう!
家の前ばかりでは能がないので、
西岸を20kmほど南下、魚貫(おにき)まで。
ここは東シナ海に面しているので、
何か大物…と13gスプーンを引き倒すも、
かかったのは15cmほどのエソ一匹。
夕方どからともなく涌いてきたジモッティは、
エギングで300〜500gクラスのアオリイカを連発していた…。
 
 同日 夕方
 縁側(?) なう。
プチ遠征で空振り、さっさと家に。
まだ明るいので"うちの縁側"と呼んでいるすぐ下の桟橋へ。
 
あっという間にハタ25cmゲット!
ビール飲みながら釣りできるのが何より。
しかし、初日の入れ食いが嘘のように、
毎日何かしら釣れないことは無いものの、
なんか型は小さく15〜20cm前後が多くなった 。
(O田氏は「アタリもない・・・」と一匹のみ)
 
 天高く俺肥ゆるなう。
O田家関連土木工事で汗を流し、
温泉施設愛夢里でゆったり湯につかり、
野菜たっぷりのチャンポン(630円!)で生ビールをグビッ!
本渡に行っては生け簀料理山本の絶品天丼(850円!)をペロリ!!
釣ったハタやガラカブの煮付けで夜は銀シャリ3杯コース。
叔母さんの差し入れ惣菜も連日いただき…嗚呼…。
東京出る時ゃぁ60kgだった体重が、あっという間に64kgに…。


野菜山盛りのチャンポン!キャベツの美味いこと! 
 
天草はエビの養殖で有名。天丼絶品!安い!!
 
  9月11日(日)
 さよなら天草なう

 
 友人の田舎家から5分の崎津天主堂。

朝6時過ぎに天草を出発。
1400kmを18〜20時間で走って、ぎりぎり今日中、
うまくいけば深夜0時頃に帰還予定。
11:15am現在,山陽道山口付近を爆走中。
 
 同日 深夜
 ただいまなう。


九州道から山陽道、名神、東名高速と、
ドライバー2人の2時間交代でひた走る。
給油とトイレ、交代の時以外はひたすら走る。
朝・昼・晩と、叔母さん差し入れの握り飯を頬張り、とにかく走る。
大阪、名古屋の大都市圏をすんなり通過。
しかし・・・神奈川もあと少しの所で事故渋滞40km!
さらにその渋滞の後尾にまたサンデードライバーが追突!?
御殿場で最後の握り飯をいただきながら、
小1時間の時間調整休憩・・・。
なんとか日付の変わる直前、無事帰還。
ま、18時間で1400kmは上出来でしょう。
・・・ただいまぁ。