NO.83 1989年 (昭和64年) 1/1号 通巻84号
 
 

 NO.84 1989年 (平成元年) 2/1号 通巻85号
 
 

 NO.85 1989年 (平成元年) 3/1号 通巻86号
 No.85 目次

魚に学べ どんな条件もこれなら征服できる ジョン・E・フィリィップス
魚に学べ ゲーリ・クレイン、トミーマーチン、ローランド・マーチン
ぶっちぎりのバズベイト 楠ノ瀬直樹
プレッシャー克服法 意外に高い!?春のプレッシャー 河辺裕和
戦略特集 春のおいしい釣り方 傾向と対策 その1 雨がキーポイントだ 山崎高広、その2 リアクションで釣れ 追川寛、その3 クリアならかけ上がりに注意 垣内将文
マンガ 光とカゲ 出口力
おしゃべりUp to Date!いよいよシーズンイン!!はたしてキミはまず最初に何を投げるか?
今話題のNewスクィッドワーム ギド・ヒブドン ”G−2”の秘密を探る!
Pro Shop 7店に聞きました 解禁の芦ノ湖はこう攻める!!
Newシリーズ 徳永兼三のスピナーベイトフィッシング Part 1
戦略特集 春のおいしい釣り方 その4 野池の傾向と対策
From Reader お客様通信
ルアー誕生秘話 第2話 苦痛のフィールドテスト 玉越和夫
創意工夫 & アイデア (マンガ、イラスト)
オジさんたちのあぶないアメリカ爆釣隊!! Part 2 村田基
釣っちゃったもんねコーナー 読者投稿写真集
ザ・事件 湘南で101cm、9,7kgのスズキ釣れる!
釣具店が選んだ注目のルアー達 バグリーズ・スピナーシャッド、ズイール・チマチマリスク1/4ozクラッシック、etc・・・
日本全国BASS BASS BASS ’88年(第4回)オールジャパンバスダービーからの報告 50cmオーバーが狂喜乱舞の巻
スワップコーナー
TACKLE BOX PRESS 各地BASSトーナメント結果、新製品、etc・・・
やったぜ大物!! 読者投稿大物写真集
最適工業社会の究極 ブランド志向、タックルシステム、etc・・・

    

徳永兼三登場!

ご存知”釣具屋ケンちゃん””赤目のアングラー”の異名を持つ徳永兼三氏の連載記事登場。
今でもバリバリの現役、とにかく釣りをしていれば他の何もかもを忘れる人である。
早くからアメリカにも行き来をして、本場バスプロとの交友も広い。
ルアーに関しての知識も豊富で、これ以後いろいろな記事で本誌にずっと 登場してもらった。

メータースズキ!

デカイ!!持ってる人がこれまたデカイ宮田のトッツァン(6尺オーバー) なのに・・・。
メータースズキといえば、この湘南か、沼津港・狩野川河口あたりが有名。
秋口の台風一過、2〜3日後の狩野川河口というのが評判になったこともあったっけ。
 

 NO.86 1989年 (平成元年) 4/1号 通巻87号

  No.86 目次

’87年度B.A.S.S.マスターズクラシック優勝 ジョージ・コークラン特別講座 天候変化に対応せよ ジョン・E・フィリップス
スティングレイグラブだぞっ ピストン楠ノ瀬直樹
シリーズ ハンドメイドビルダー マロ・ルアー 南祐二
今こそミノーイングだ 垣内将文
リール改造のススメ スーパーグレートな回転性能 染谷正巳
おしゃべりUp to date! バスからトラウト、ソルトウォーター、いよいよ発射準備は整った!よ〜,後は釣るだけ、釣るだけ!!
Dr.カシワギの血液型別バッシング考察 柏木重孝
バスマンの意識調査 ソフトベイト編 TBアンケートより
マンガ 温故知新”スプーン” 出口力
徳永兼三のスピナーベイトフィッシング Part 2 ブレードを甘く見るな!
From Reader お客様通信
間違いだらけのボート選び バスボート王・村田基
スーパーカップ’89 バストーナメント参加要領
ルアー誕生秘話 第3話 闇雲フィッシングがベストだ 坂本浩一
釣果倍増 基本的ボートフィッシング大作戦 Part 1 ローボートが一番釣れるってホント・・・?
水中を推理する その1 ナチュラルフラットレイクの場合
創意工夫 & アイデア (マンガ、イラスト)
TB秘密指令 1091(いれぐい) Mission 1 ルアーカラーの暗号(コードネーム)を解読せよ
バッシング英語教室 Lesson 1 度量衡の巻
釣っちゃったもんねコーナー 読者投稿写真集
Q & A 読者質問コーナー
釣具店が選んだ注目のルアー達 ラトルトラップ1/2oz、スーパーストライク・ハスティー1&2、etc・・・
フィールドいっぱい!攻め方いっぱい!! 野池編 入ケ池
スワップコーナー
TACKLE BOX PRESS 新製品、etc・・・
やったぜ大物!! 読者投稿大物写真集
いっしょに遊べるアイデア募集、タックルシステム、etc・・・

王様登場!

村田サンに初めて”王”の称号がついた畏れ多くも記念すべき(?)連載記事であ〜る。
まだバスボートのはしりの頃、広大な霞ヶ浦の湖面を我が物顔でカッ飛んでいた王様。
下々の者達に、尊い教えの数々を垂れて下さった、ありがた〜い連載の第1回。
 

 NO.87 1989年 (平成元年) 5/1号 通巻88号

 
  No.87 目次

アメリカ最前線情報 ハロルド・アレン フィネスが新しい ジョン・E・フィリップス
ギジット ローリングテクニック 読者投稿
ファイアクロウだぞっ! ピストン楠ノ瀬直樹
今こそミノーイングだ テクニックはこれだ 垣内将文
シリーズ ハンドメイドビルダー ムラセミノー 村瀬達也
小物イジメのワシら 土だんごスペシャル  読者投稿
おしゃべりUp to date! スーパーカップをやめたってもっと楽しいことがある!そう、TBはキミたちの味方だ!
Dr.カシワギの血液型別バッシング考察 こだわりのA型の巻 柏木重孝
マンガ ジガーポーリング 出口力
徳永兼三のスピナーベイトフィッシング Part 3 スピナーベイトの性格を決定するのは何だ!?
間違いだらけのボート選び その2 バスボート王・村田基
モンスターに出会いたいっ! 年間151本ものライギョを釣る・・・新家邦紹
From Reader お客様通信
創意工夫 & アイデア (マンガ、イラスト)
徳永兼三プロのプラクティスをチェックする!
新時代のリール登場 Team Daiwa ”TD−Hi”シリーズ
究極!Bass Boat チューン
水中を推理する その2 河川型リザーバーの場合
オイチャンズ機甲師団出撃す! 特別指令Part 3 霞ヶ浦陸戦隊が行く!
ダイワバストーナメント 3.26 in 琵琶湖
霞ヶ浦の秘宝を探る! インディ伊藤
釣っちゃったもんねコーナー 読者投稿写真集
バッシング英語教室 Lesson 2 戦略と戦術
釣具店が選んだ注目のルアー達 スーパーストライク・シャッティー1 8g、ラパラ・ラトリントラップ1/2oz、etc・・・
Q & A 読者質問コーナー
やったぜ大物!! 読者投稿大物写真集
スワップコーナー
TACKLE BOX PRESS 各地BASSトーナメント結果、新製品、etc・・・
ビギナーはエライっ!、タックルシステム、etc・・・

新家邦紹登場!

衝撃的な登場は、ライギョ王ともいうべき新家邦紹氏。
熱狂的なファン・マニアがいるライギョ・ゲームの分野で、他の追随を許さない。
この後、10数年にわたって毎年のようにライギョの記事を掲載させてもらった。
イラストがまた判りやすく、味があって、大変好評だった。
登場当初から、ライギョポンド、フィールドの荒廃を嘆き、アピールを忘れなかった。
ストイックで硬派のアングラーの典型であろうか。

 

 NO.88 1989年 (平成元年) 6/1号 通巻89号


  No.88 目次

ギドサンがやって来たど ’88バスマスターズクラッシックチャンプ ギド・ヒブドンはどんな釣りをしたか?
ここ掘れワンポイントシリーズ その1 ポイントは(たぶん)ここだ 楠ノ瀬直樹
ああ!さようならスーパーカップ’88 津久井湖予選大会
モンスターに出会いたいっ! タックル、ルアー、アクションはこれだ! 新家邦紹
壮絶!新連載・・・いきなり最終回 ヒラマッチプレー 小雨の戸面原(とづらっぱら)に悪魔軍団玉砕す!   
おしゃべりUp to date! 悪魔が来たりてバスを釣る!TBは魔界の王様だーい!
怒り! クローダッドの逆襲
Dr.カシワギの血液型別バッシング考察 まっ、いーか!のO型の巻
マンガ ヘビーカバーを攻める 出口力
タフに勝つ!ソフトベイトフィッシング グラブフィッシング 反町裕之
霞ヶ浦で岸釣りをしていた サンデーアングラー100人に聞きました。 その1 タックル編
Top Proからのワンポイントメッセージ 田辺哲男、河辺裕和、他
徳永兼三のスピナーベイトフィッシング Part 4 スピナーベイトのカラーコーディネイトの基本とは?
マンガ ボート免許を取ろう! 出口力
アメリカの釣りはここが違う ジャパンバス優勝者のアメリカバッシング見聞録 米田淳
間違いだらけのボート選び その3 バスボート王・村田基
From Reader お客様通信
創意工夫 & アイデア (マンガ、イラスト)
アメリカ最前線情報 ハロルド・アレン フィネスが新しい ジョン・E・フィリップス
TB秘密指令 1091(いれぐい) Mission 2 クランクベイトのリップとアクションバランスを探る
水中を推理する その3 平地のバスリバーの場合
釣っちゃったもんねコーナー 読者投稿写真集
バッシング英語教室 Lesson 3 ストラクチャーとカバー
釣具店が選んだ注目のルアー達 ウィークエンダー 7〜17.5g、ゲリヤマ・スピナーベイト3/8oz、etc・・・
Q & A 読者質問コーナー
スワップコーナー
TACKLE BOX PRESS 各地BASSトーナメント情報、etc・・・
やったぜ大物!! 読者投稿大物写真集
ライギョ・・・トラウト・・・みーぃんな釣っちゃう!、タックルシステム、etc・・・  

ついにカラーで!

’88 B.A.S.S.マスターズクラッシック優勝、ギド・ヒブドンが来日した。
本場バスプロのタックルボックスの中身を、とうとうカラーで紹介することができた。
ま、自分の作ったG2がいっぱいあるのは当たり前。で、特徴があったのは・・・。
細身のミノーやクランクベイトがお好みのようで、デビルスホースのラトリンログ、
ビルノーマンのロングA、そしてラパラ(!)。ラトリンログは当日も使用していた。
・・・が、しか〜し、やっぱりちょっくら手を加えてあったんですね、これが・・・。
柳栄次登場!

ヒラマツのサニーカリフォルニアを賭けて挑戦者を募ったところ、ホンダリード(原チャリ!)を持って来たのは・・・。
当時パンピーの柳栄次クン!!であった。牛久沼のフローターで鍛えた腕で車をゲット!!という魂胆だったが・・・。
いや〜、強いの何の・・・。新連載がいきなり最終回になってしまった。
その後の活躍はご存知の通り。プロになって、トップに上り詰めていってしまったのである。
本誌では、特技を生かして、フローターのネタで良く登場してもらった。
ピヨコ隊なんてのにも参加してもらったり。そん時は、悪い例で、わざわざ溺れてもらったっけ。
そうそう、これが初登場かと思ったら、No.26の釣っちゃったもんねコーナーにも出ていたぞ。
 

 NO.89 1989年 (平成元年) 7/1号 通巻90号
 
 

 NO.90 1989年 (平成元年) 8/1号 通巻91号
 
 

 NO.91 1989年 (平成元年) 9/1号 通巻92号
 
 

 NO.92 1989年 (平成元年) 10/1号 通巻93号
 
 

 NO.93 1989年 (平成元年) 11/1号 通巻94号
 
 

 NO.94 1989年 (平成元年) 12/1号 通巻95号