NEWSスクランブル 編集部の取材ネタや投稿など満載!
  編集部速報      

最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。


アルキ戦隊アルケンジャー初出動!
 岸からイナダ!
富浦湾にイワシ接岸中なり!


11月26日(土)はアルミ船隊アブレンジャーが久々の大戦果!そしてその翌日の日曜日早朝、陸戦隊アルキ戦隊アルケンジャーが急遽結成された。「岸際を釣る時でもボートからが好きっ!」というキタコシがなぜ?・・・それは、前日のボートの揚げ降ろしで、筋肉痛になってしまったから・・・「ボート積むのいやっ」・・・っつう訳で、法華崎の岩場で何が釣れるのか?

 富浦湾中ほどの法華崎。イワシが岸近に集結中なり!

 
11月も末となれば夜明けも遅い。
まだまだ薄暗いと思って動き出したのは午前7時。
すでにあちこちの岩場に磯渡し軍団の姿が。
(中には岸から数十メートルなんて所にも・・・)
 
昨日のマイボーターからの聞き込みで、
朝方湾内の岸寄りで、あちこちにナブラがたっていたと・・・。

 ナブラ発生!
確かに、ルアーのキャスト範囲でイワシらしき小魚の群れが、
何者かに追われ、逃げ惑っている。
漁港内で、岩場の周辺で、ざっと10分に一度くらいの頻度で発生し、
水面をザバッ! ザバッ!と割って、何者(青物?)かが、
小魚を追い回し、捕食している。
 「チャ〜ンス!」
とばかりに、ミノーを投げまくるが、
ナブラの中、その周辺、どこを通しても反応なし。
サイズ?スピード?
 「何が違〜う?」
っつうんで、20gのメタルジグにチェ〜ンジ!

 初ヒット!
チェンジ早々、岩場のすぐ先10mほどの所にナブラが!
追われる小魚がこちらに向かって逃げ惑っている。
すかさずそのナブラの向こうにメタルジグをキャスト!
スピード重視のロッドワークでのジャークを数回・・・。
と、グッと重みがかかってロッドが止まり・・・

 
   「あ〜引く!」 「お〜引く!」 「動かねぇ〜!」

普段ならシーバスを狙うような岩場の岸近だが、明らかにアタリが違う。
まず最初に動かないし、引きの重さも段違いだ。
岸からヒットした魚の中ではこれまでで最強と言っていい。
それでもひ〜こら言いながら寄せ、何とか水面まで引き上げると・・・
 「イナダだぁ〜!!」

 
     ヒラマツ初の岸釣りイナダ40cm!!

   
      イワシをたらふく食ってまぁ〜・・・。