NEWSスクランブル
  編集部速報      

ラン&ランランラン・・・駆け巡る青春アブレまくるガハハ吉田!?

    荒川シーバス情報

 
      荒川河川敷同盟 ガハハ吉田


9月5日(月)
前日の板橋区の新河岸川が気になって仕方がなくて、
カッパを着込んで行って来ました。
やはり!ワンドになっているので、ベイトが入っていた。
だが、本命が減っていた。
時折ベイトを追って、ナブラがたっているので狙っていると、
変なアタリがあって合わせると、ビニール?
でも少し暴れる感じが…?半分位巻いて来て、過去の記憶が蘇った。
  カメだ!』 数年前に一度釣ったので、感じがソックリだった。
足下まで来たが、暗くてゴミの固まりにしか見えなかった。
甲羅のサイズは、25cm位だが重くて抜き上げるのが大変で、
上げたらやっぱりカメだった。 その後、1発アタっただけだった。

9月6日(火)
雨が止んだので新河岸川の板橋区へ。
ベイトは入っているが、追われている気配が無く30分で移動した。
戸田市の増水後に実績ある場所へ行ったが、ここもベイトがいたので、
20分位釣ってみたが、1度足下でアタっただけだった。
完全に、本命行方不明になった!
TVのチカラの超能力者に、探してもらうしかない

9月8日(木)

今回も新河岸川の板橋区へ行ったが、ベイトとバカップルがいただけ…。
後、まだ本流に行って無かったので偵察に。
濁っていたが、なんと!1投目でアタリがあった。
10発弱アタリがあって、セイゴ1本キャッチした。
その後、戸田市に移動して、セイゴクラスがライズしていたがダメだった。

9月 9日(金)
さいたま市に行ったが、ライズがく2発アタって、
1本フッキングしたがラインブレイク。
戸田市に移動するが、前日いたベイトがえた。 アタリも無く帰宅した。

9月10日(土)
どこに行くか悩み北区へ。
台風以降ずっと、秋ケ瀬の堰が開いていたので、
上げ潮が効かずに下流にれていた。
しかし、当日は全然流れが無かった。
一個小隊のベイトが入って来たが、すぐに消えてしまった。
その後、板橋区の新河岸川と荒川を回ったが玉砕した…。
今シーズンの、パターンが全く把握出来ない…。
このままベストシーズンのを向かえてしまうのか?

9月12日(月)
久しぶり志木市へ。 30分ほどで58cmを1本キャッチして、他アタリ2回。
対岸のさいたま市に入り、単発でライズしていたが、遠くて届かない!
1時間弱ねばって、アタリが3発だけだった。

9月13日(火)
長潮でまったりとした潮の動きなので、昨日釣れた志木市へ。
まったく気配が無く、すぐに対岸のさいたま市に移動。
1発アタっただけで、ベイトが入っていたが、気配が無く戸田市へ。
4ケ所回ったが、1ケ所イイじでベイトがいたがダメだった。
ラン&ランランランで40km近く走り、限りある資源のガソリンをバラまいて来た。

9月14日(水)
どこに行くかみ北区へ。新河岸川と荒川を攻めたがダメ。
板橋区へ移動し、新河岸川に行ったが、ベイトが少しと、
危ないなオヤジがいただけで、本命はお出掛け中…。
荒川に移動したら、いきなりライズを確認!
2発アタっただけで、まったく気配がなくなった!

9月15日(木)
北区の新河岸川と荒川に行ったが、うねりがすごく数分で移動。
板橋区へ移動したら、うねりはなかったが、気配も無く移動。
朝霞市を狙うつもりが道を間えて、戻るのも面倒で志木市へ。
コイのブッ込みがいて断念。 さいたま市に移動したがダメだった。
家の近所の手軽な釣りのつもりが、過去最高の40km以上走った。
頭にきて、昔タックル〇ックスの誌面でやっていた?いせの・・・、
手頃な石を拾って『バッキャロー!』の掛け声と共に水柱が上がり、
荒川に新しいストラクチャーが産まれた!

9月16日(金)
荒川から浮気して志木市の新河岸川へ。
釣り始めて10分位で、3発アタって53cmをキャッチ。
やる気が出たが、魚のアタリが無くなった。
最後に新河岸川の名物
ジャパニーズ・ボーンフィッシュ(ニゴイ)を1本キャッチした。

9月17日(土)
志木市の新河岸川へ。 アタリが5発で、40cm弱を2本キャッチした。
前日とは、パターンが変わりミノーしかアタらなかった。(前日はバイブのみ)
サイズに満足出来なかったが、釣れただけラッキーだったので、早上がりした。
今年は、本当にベイトがない。また、サイズもさく悲しくなる…。

(秋は寂しい・・・秋は貧しい・・・秋はホントに魚恋しい・・・!?
 秋の取材は楽しみなのに・・・天気悪いし・・・オイラ寂しいタマ磨き・・・ )
お〜い!ヒラマツ、気を確かに持て!!
磨くんならタックル!研ぐならフック!!
女心も秋の空もそのうちきっと変わるんじゃ〜???

投稿ありがとう!!お久しぶりに琵琶湖から・・・。

 60cmアップをオカッパリで!

     from 琵琶湖地回りN


こんにちは、初めまして、私は
と申します。バス釣りは34年に成ります。
この写真は、今年初の60cmアップ(4.65kg)のバス・・・琵琶湖です。
今年は、未だ3回しか釣りに行けてません・・・゜゜(>ヘ<)゜ ゜ビエェーン・・・。


        

オカッパリで60cmアップを狙う!

私は、オカッパリから、60バス以上を狙うスタイルです。
この時は、友人をガイドするために、琵琶湖を探って居ました。
私は、友人を60ツアーにガイドする為のポイントチェックに行きました。
しかし、ポイントチェックなのに、・・・60・・・釣ってまいました・・・。
今年初の 60・・・・。ヤバーい・・・魚居なくなったらどうしょう・・。
折角なので、ポイント設定から、どう取ったか・・・を。

ポイントを廻りチェック!

先ず、昨日は彦根から、木の浜、瀬田川、坂本、湖西・・・と回りました。
お昼時、 木の浜で寒冷前線通過のため激しい雷雨!なんとまで!
水温は一気に5度近 く、気温は10℃以上下がりました。
私は少し南湖を回り、坂本へ。しかし、殆ど 車を降りる事無くポイントを見切りました。
悩んだ末に、湖西へ。 何故? 湖西は回遊バスが多く、寒さにも強い、と判断。
特に60以上のバスは体力がある為、可能性がデカイ。 そして、初めてのポイントへ。
あくまでも、60ツアーのポイントチェックだから、
分かって居るポイントへは行かず、新たなポイントへ・・・。

新ポイント開拓・・・!?

そこは水質も良く、ストラクチャ―が在る・・。
初め私は、ラバジで、ボトムを チェック。。ウィードと水深を測る・・。
目を付けたポイントは外し、全体をチェッ ク・・。
良く見ると風邪を引いたベイトがヨロヨロと・・・。 これは、居るな・・・。
そして、水鳥が近辺に・・。 大阪基準で潮回りは19:00台・・。
その 前後一時間30分ほどが勝負・・。 先ず目を付けて居たポイントに入る・。
しかし、ラインを風に巻かれ、引っ掛ける・・・。
  『あーココはダメだな・・。』
60以上に成ると、ラインを引っ掛けるだけで、警戒してしまう・・。
時間は19:00ジャスト・・。バスはシャローにきている筈・・。
  『よし、シャロー狙いだ・・。』

シャロー狙いで60cmを!

あれ?60ツアーのポイント探しじゃ??心の葛藤 と戦い、出た結論は・・・。
60を釣れるエリアを見つける。 風は北風(やや西拠り・・)3m・・。
岸辺にセンコー6インチを平行にフルキャス ト・・。水深は約1m・・。
ラインを水中に入れスイミング・・・。ストラクチャー にコンタクト・・。
トレースラインはベイトが逃げるライン・・・。
そして、60がステイしてベイトを 捕食するで在ろう所・・。
すると、違和感・・。 『!!!』 すかさず、大合わせ!!!
  『??ロープ??か??』
しかし、ロープならばもうフッキングしちゃってるから、魚かもしれないし・・・。
660Hを強引に引く・・。 キューン!!なんだデカイ!!
良しっ!60だ・・。しかし前回の事が思い出される・ ・・。
しかし今日は新型リール、ドラグは壊れないぜ!!
しかし、ラインが・・・・朝巻いたそのままだから・・・。ヤバイ!!
急に慎重にな る・・。ラインが限界まで伸びる・・・。まさにギリギリ。
660Hがバットまで 曲がる強さ・・。自分から魚に近づきながらリーリング・・。
上がってきたのは4.65kg・61.5cmのバスでした。

< タックル>
ロッド:ノリーズロードランナーRR660H
リール:シマノ カルカッタコンクエスト100
ライン:おおのオリジナルナイロンライン23lb
ルアー:ゲイリーヤマモト ヤマセンコウ6inch(ウォーターメロン)
フック:オーナー デカっぱりフック5/0


実はタックルはこの一本しか持ってません・・・。はは。。。
この内容は、私のブログの内容をお届けしました。・・・。
ホムペも宜しくお願いしま す〜〜☆ 名前で検索出来ますので・・・。
最近の琵琶湖は実は大きなバスが南湖では相当釣り易いです。
勿論これは、デカイバ スの習性を学んだ上で・・・のお話ですが・・・。
実は私は、水中に潜りバスの生態を探って来ました・・。
大型のバスはシーズナルパ ターンは無い・・・これは実は分かって居ました・・。
ですから、琵琶湖の南湖では、68〜71cmのバスが今年の春に沢山上がりました・ ・。
多分、秋口から、相当大型が水揚げされると思います・・・。

最近トンと情報が入ってこなかったけど・・・。
やっぱ、琵琶湖ってスゲ〜よなぁ〜!!
いきてぇ〜なぁ〜・・・、でもなかなかなぁ〜・・・。
・・・NさんのH.P.からまた情報もらおうっと!


 おおっ!やっと釣れる話になってきたか!?

   荒川シーバス情報

 
      荒川河川敷同盟 ガハハ吉田


8月29日(月)
北区と川口市、戸田市をラン&ランランランした。 どこもベイトが居ないし、まだ濁っていた。
これだけ回って、自宅(蕨市)からの移動時間も含めて、1時間で帰宅出来た。

8月31日(水)

前日の夜にまたが降りやがった!
また、ニゴリが入ってしまうので、イイ加減な気持ちで戸田市へ。
いきなりベイトを確認出来たので、やる気が出た!
3発アタって、52cmをキャッチ。
後が続かないので板橋区へ。
やはり?3発アタって、42cmセイゴをキャッチした。
今日は、潮変わりだが流れが強く疑問に思ったので、
秋ケ瀬をホームにしている連中に問い合わせたら、を2ケ開けていた。
また、潮目狙いが正解の様で、どこも釣れていた。

9月1日(木)
北区の新河岸川に行ったが、珍しくまったくベイトがいなかった。数投してアタリもなく移動。
荒川に行ったが、数匹ベイトがいただけだった。
2回アタリがあって、1本足下で50cm後半をバラシたのみ。
昨日釣れた板橋区へ移動したが、ベイトがいなくなっていた。3発アタっただけ…
戸田市へ移動して、3ヶ所回って1発アタっただけだった。

9月2日(金)
志木市60〜70cm前半まで2日連続釣れてるという情報が入った。
でも、志木市周辺は釣り人が多いので、対岸のさいたま市に行った。
単発でライズしていたが、やっと届く距離だった。
6発アタって、54cm49cmをキャッチ。他に1バラシだった。

9月3日(土)
昨日また志木市70cmが釣れていたので、
迷わず前日と同じ対岸になるさいたま市へ。
しかし、強風で釣りづらく1発アタっただけで、早々と戸田市に移動した。
セイゴらしいのはライズしていたが、シカト?された。

9月4日(日)
さすがに昨日は志木市でも、釣れた情報が入らなかった。ドコに行くか悩んで北区へ。
強風で釣りにならず、数年前にチェックに行った新河岸川の板橋区へ。
小さいベイトの群れが入っていて、単発でライズが確認出来た。
しかし、台風の様な大雨で撤収した。
毎年、志木市周辺デカイのが釣れてる!
やはり?魚止めの堰があるので、魚のストックが多いのか?

なんだろう・・・、やっと多少は釣れる感じになってきたかな・・・?
今度の台風の影響がどう出るか?
ぐっと秋めいて、シーバス本格シーズン突入・・・か?
 (相変わらず吉報は寝て待ってます・・・)