NEWSスクランブル 編集部の取材ネタや投稿など満載!
  編集部速報      

最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。


   フナも来るか!?荒川フライフィッシング! 
      荒川河川敷同盟

          他魚種愛好班 ガハハ吉田

   
2月16日(土)
荒川の戸田市へ出撃!
2時間の釣りだったが、久しぶりに満足出来た。
50cm後半〜80cmのコイを、合計4本キャッチ!
オマケで、最近フライで反応が悪くなったフナを、外道でキャッチ!?
ヒットフライは、6番と8番のフックに巻いたグローバグ(エッグ)だった。

2月18日(月)

今シーズン久々に荒川へコイ釣りへ行き始めて、気が付いた!
  『満潮付近ではイマイチ!?』
今日は、モロに満潮の潮止まり・・・。
しかし、 『気にしねェ!』 と、ばかりに出撃!
だが、やっぱりアタリが無い・・・。
誰でも、経験があると思うが、
絶対に釣れる場所でデコると、無性に腹が立つ!
荒川のコイ釣りが、まさにその場所で、
過去に10年数年釣りに行って、わずかにデコったのは2回だけ!
まったく釣れないので、意味も無く、
対岸でルアーを投げていたヤツを、ひっぱたきたくなった・・・!
釣り始めて、2時間・・・。

  
やっとアタリがあって、グッドサイズの85cmをキャッチ!
  『これ以上釣っても無意味・・・』
と感じて、サイズにも満足して撤収!

うわぁ〜お久しぶり!元気か〜い?
  ドブシーバス
  関西にこの人あり・・・荒牧伸弥


今は昔・・・関西に稚児(失礼!?)ありけり。汚水・排水の流れるドブ川でシーバスなんて・・・うわっクッセぇ〜!という時代があったのがウソのよう・・・今では都市圏に住むアングラーに欠かせないドブシーバスなり。 そんなドブシーバスを狙って、早幾年月・・・。

  あれ、当時は中学生だったっけ?
北越編集長!お久しぶりでございます!
関西のドブシーバスマニアの荒牧伸弥です!!
今回超久々にお便りいたします!

     
以前TB(タックルボックス)誌で何度か特集を組まれた都市圏のドブシーバスネタ・・・。
TBで関西に取材にきてもらってからというものの、
新たなドブポイント、新たなメソッドを探しました。
以前は秋口限定?だと思っていたドブシーバス(川の場合)も、
年間通して狙うことができたり、真昼間でも釣るメソッドを見つかったりと…etc。
自宅からフィールドが近いことを生かして、
毎日のように釣り場に行き、色んな発見がありました。
ただ、今でも90cmの壁は越えられませんが…(笑)。
 
そんなドブシーバス荒牧も今は23歳となり、昔のTB書いたの記事を読み返すと、
  「なんてわかったかのような口を…(笑)」 と思いましたが、
あれはあれで10代の時の甘〜い思い出の1ページだと思う次第デス!
それと松本センセー(F.W.小山エリア)とはちょくちょく連絡とらせてもらってます!
あの人がいなかったらホントに今の僕はいません!!
もちろん全てはTBのおかげです!ありがとうございます!
今で数社のメーカーさんにサポートをしてもらえるようになり、
バス、シーバス、ナマズ、アオリイカ…etc、
(近年はシーバスがメイン)を狙って釣道を進んでいます。
また、関西に来られるような事がありましたら、ご連絡ください!!

HP  http://www.h5.dion.ne.jp/~aurora-9/
ブログ  http://happy.ap.teacup.com/kazuko/

そろそろコイも絶好調!?
ポイント別攻略法公開!!

 荒川河川敷同盟
  他魚種愛好班 ガハハ吉田

荒川コイ入れ食い!最大の77cm!!
1月30日(水)
荒川の戸田市へ出撃!
すぐに、2発かけたが、すべてバラシ・・・!?
その後、1時間アタリが何度かあったが、まったくダメ。
ポイントを移動して、やっと60cmクラスをキャッチ!
その後、群れが入って来たのか、入れ喰い!!
写真の77cmが最大で、他に70cm弱もキャッチ!
しかし、いつもはバラシが少ないが、3本バラシた・・・。
骨折していた右腕の完全復活は、まだ先の様だ。
ヒットフライは、グローバグ#6と、#8だった。

 こんな所で釣っている!

私がフライでコイを狙っているホームグランドの紹介です。
まず 荒川の戸田市
平均サイズが60〜70cmで、1回の釣行(3時間前後)で平均1〜6本。
特長は、ドライフライでの反応は無く、ニンフでの釣りになります。
パターンは、グローバグ(エッグ)やMSC等で、
インジケーターを使用して狙います。
キャストもせずに、足下をスーパードラグフリー、
(ただのテクトロ)で狙えるので初心者(!)向き。
足場が高いので、必ず磯ダモを用意して下さい。

新河岸川の和光市
平均サイズが60cm前後で、数が平均3〜6本位釣れます。
足場が悪くポイントが限られますが、風の弱い日はドライでも反応します。
キャストは、10〜20yd程度の距離が必要になります。

新河岸川の朝霞市〜志木市
平均サイズが、60〜70cm程度で、時にはメーターオーバーも釣れます。
数は、平均0〜3本位です。
しかし、完全に気分なのかライズしている時と、
何も起こらない日があって、アタリ外れが多い場所です。
まだ、志木市周辺は浅く、サイトで狙える ので、釣りやすいです。
新河岸川は、どの場所も磯ダモが必要になります。
フライも、グローバグや、MSCスペシャルのニンフと、
ドライフライのエルクヘアカディスを用意しましょう。
新河岸川は、中級者向きの場所です。

黒目川の朝霞市
ここのコイは、超シビアでかなりムズイ場所です。
しかし、ファイトが素晴らしくヒットした瞬間に、ジェットランを開始します!
水もキレイで、魚が見えるので簡単にポイントがわかります。
平均サイズが、60cm前後です。
数は、平均1〜2本で、ライズがあればダウンクロスで、ドライフライを流して狙い、
底の物をついばんで居るのは、インジケーターを付けずに、
ニンフをダウンクロスで鼻っつらを流します。
上級者向きのポイントです。
場所によっては、磯ダモが必要になります。

柳瀬川の新座市から所沢市
水がキレイで、簡単に魚を探せます。
サイズが、50〜60cm前後で、数が平均(風がなければ)5〜10本位釣れます。
ドライフライ、ニンフどちらも反応がよく、ライズがあればドライフライで狙って、
シビアになったらニンフを使うと、また釣れます。
初心者向きのポイントです。
場所によっては、磯ダモが必要になります。

入間川の狭山市
私が、フライでコイ釣りデビューした場所です。
かなり前ですが、18年前に2回程オイカワ釣り行った時に、
コイがライズしていたので、狙った程度です。
ドライフライにこだわって、かなり苦戦したのを覚えています。
場所にもよると思いますが、超シビアでティペットも7Xまで落として、やっと釣れました。
何本かヒットしましたが、すべてジェットランをして、遊ばしてくれました。
ポイントを、探せば何とかなるかもしれませんが、
この時はニーブーツだったので、ドラグがすぐに掛かってしまいました。
ウェーダーが、あるとイイかも知れません。
磯ダモは、必要無いと思います。
当時の経験で、上級者向きかも・・・!?

以上、 私が行くコイ釣りポイントの紹介でした。
経験では、入間川、黒目川以外では、バッキングまでは出されません。
フライで大物釣りに慣れて無い人ほど、取り込みが粗く走られます。
大物釣りの練習には、最高のターゲットですよ!

トラウトフィッシング初心者講座
 最初に選ぶスプーン
    by マダラ


春のトラウトシーズンに向けて、動画での初心者講座を計画中です。・・・が、もう待てない、もう今から教えて欲しい!すぐマス釣りたいんやぁ〜!!というあなた、そんなあなたのために、マダラさんが語ってくれました。

 ”フィッシングエリア★J”にて教習中(?)
 
トラウトエリアフィッシングを始めるにあたり、いったいどんなスプーンを揃えるべきか?
スプーンは、重さによって巻き速度や遠投性能が変わるため、
どんな状況にも対応でき るように、色んな重さをもっていると良い。
しかし予算の都合もあるでしょうから、とりあえずコレ!というセレクトを考えてみる 。
スプーンでの釣りは、カラーや波動でトラウトの興味を引きながら誘って釣っていくゲ ームである。
カラーと波動を組み合わせると、とても沢山の種類が必要となってしまい、
ビギナーに は混乱の元となってしまう。

  波動の違うスプーン
そこで、最も派手な波動を持つスプーンと、おとなしい動きのスプーンの2種類でそろ えていくと良い。
まず、市街地型のエリア(小規模〜中規模)であれば、1gと1.5gの2種類を持っ ていると良い。
大規模エリアの場合は、遠投が大事な場合が多いので、2〜3gの範囲で揃えると良い。
大体のエリアをカバーできるためには、1g、1.5g、2g、2.5gの4タイプあ ると便利。
軽いほどゆっくりとルアーを巻ける、重いほど早く巻くしかないが、遠くへ投げられる 。

  重さの違うスプーン
トラウトは、ゆっくりと泳ぐものに興味を示す場合もあれば、早い巻き速度が良い場合 もある。
自分が釣りをするその瞬間は、どんな活性なのかを読んでいくのがトラウトのゲーム性 のひとつである。
そしてカラーの考え方。 トラウトの場合は、何色が好きか?という考え方ではなく、
自分が釣りをしているその 瞬間に良く効くカラーを探し出すゲームである。
しかも、同じ色を通し続けると、トラウトはすぐにルアーを覚えてしまう。
マメにカラーチェンジしたり、波動を変えていって、
トラウトを飽きさせずに興味を引き 続けるゲームなのです。

 カラーセレクト! 
さて、揃えておきたいカラーセレクトについて。
大体、スレていないトラウトほど派手なカラーを好む傾向にある。
放流直後などは、ド派手なカラーほど効果がある。
たとえば 赤金、蛍光カラー各色など。
トラウトは、常に同じ色で誘っているとすぐに飽きてしまうので、
色んなカラーにチェ ンジして釣っていくゲームである。
揃えておきたい基本定番カラーは、
カラシ色、青銀、紫、グレー、薄いピンク、茶色、緑色、水色、黒、白、黄色、赤、柿 色、グローなど。
その日の活性は、カラーが効果的なのか、波動が効果的なのか、
巻き速度が重要なのか 、色々と試して答えを探していきましょう。

  プラグでの確率をあげる!
そして小ネタをひとつ。 プラグで釣れる確率を上げる方法 。
市販のプラグはトリプルフックか、もしくはシングルでも太軸のものが装着されている 。
トラウトにはシングルバーブレスがルールの所も多いし、
実はシングルバーブレスこそ 釣れるフックなのです。
プラグ用よりも、スプーン用の細軸フックのほうが刺さりは抜群!
しかし、フックアイの向きが違うためにそのままでは装着できない事が多い。
そこで! プラグのエイトカン(フックリング装着部分)
をペンチでゆっくりとねじって、向きを 変えてしまう。
このとき、プラグに亀裂が入るので、瞬間接着剤で補強する。
フローティング系ならばフックは下向きに、
シンキングでボトム寄りのタナを攻めるならばフックは上向きに装着。
これで釣れる確率はグーンとアップしますよ!

フィッシングエリア★Jジェイ
 茨城県土浦市宍塚1013
 店長携帯 : 090−4613−8812(非通知不可)
 ※お急ぎじゃない場合は下記アドレスからメールをご利用下さい。
 
FAX : 029−824−4291
 URL : http://homepage1.nifty.com/madara/turibori.htm