NEWSスクランブル 編集部の取材ネタや投稿など満載!
  編集部速報      

最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。


アルミ船隊アブレンジャー復活!
  2009始動!
ターゲットは4年越しのキス?

いやぁ〜久しぶり。なんか行きたくてしょうがなかったのに、その気になると天気が悪く、というか、風が強くてどうにもこうにも出られなかった。地球温暖化の影響でしょうかね?天気予報を見ながら、隙を見て出動するっきゃないってことで、やっと出られた5月末だ。

そういえば、去年は全然出動しなかったな。
一週間ほど前のこと、キタコシよりヒラマツへと、
帝都の空を緊急電が飛翔した。


保田方面に敵機動部隊来襲!
22日ごろより 敵機(マルイカ)20〜30機、23日は90機、 大挙来襲中なり!
また、イサキ軍団も来襲!
22センチ(ちょっとちいさい・・)〜29センチ(このくらいなら・・・)
いずれも、水深は20〜60メートルなり。
装備は爆雷(ベイトタックル)準備せよ!
マルイカ用ちょっとやわらかめ&イサキ用メタルジグかため。
さらに、 サバがボイルしたら釣っちゃうゾ用スピン。
奮励努力し保田方面より出撃したし!
たっだちに準備にかかるべし!
キャスティングでスッテ買ってきちゃった!
なずけて 「ちょっと深いが、がまんすりゃあウマイもんが釣れるんだ! がまんせいっ!」作戦なり!

・・・ということで、いよいよ出動じゃ!
 
 
高速館山道をひた走り・・・というか、ほんの1時間半で保田漁港。
まだ昼前なので、まずは”ばんや”で情報収集だ。
ここのメニューを見れば、今現在釣れているものが分かるのだが・・・。
おお、キスの天ぷら!いなだの煮付け!イカもいろいろあるじゃないか!
何を狙ったらいいのか迷うじゃありませんか・・・ん〜大漁の予感!

 
まぁ、まずは腹ごしらえ・・・の前にヒラマツはまず一杯・・・。
おお、撮影の隙をついてキタコシのワリバシが!
ばんやに来れば当然”朝とれ寿司”。
金目にイナダに・・・おおっ!スズキの握りが!
なに、おすすめ新メニュー”サバの漬け寿司”だと!
ああ、ますます狙いが絞れなくなったじゃありませんか・・・。
 「あ、あとキスとギンポの天ぷらも追加ね」

 
ん〜満腹。
旨いめし食ったらもうなんか満足。
のんびり食休み・・・とも思ったが、まぁ出船しますかね。
意外と地味目・・・というか、しょぼいというか・・・。
アルミ船隊アブレンジャーの出船風景。
さぁ〜何が釣れるんでしょうかね?

続きは入れ食いTVで!

暗黒の面接地獄・・・人材枯渇!?
 荒川シーバス情報

シーバスまで枯渇なのかっ!?
  荒川河川敷同盟 
ガハハ吉田


“期間限定バスアングラー”が今週釣った49cm。他にも48・49は釣ったのだが、今年はまだ50cmアップが釣れない。

 50には届かないが、立派なナイスバディ!!
最近のヤツらは何だ!
求人に応募したくせに、こちらから電話したら着メロになってたり、
折り返し電話しても、つながらないヤツが2人。
他に今週1人、面接したヤツがバックレやがった・・・。
33才のオッサン。
面接の時間になっても来ないので、オレが携帯に電話しても、電源を切ってる。
イイ年して、断りの電話も出来ないのか!?
リストラされたのが良くわかる。
こっちは、バカ会社から面接の時は給料が出ないタダ働き。
オマケに交通費も無い、ムダな時間だった。
住所がわかれば、完璧に殴りに行った。
ぶちキレて、スーパーサイヤ人になった。
面接場所に指定した、ファミレスのおばちゃん従業員が、
オレからキレたオーラが出ていたのか?優しく慰めてくれた。
もし、おばちゃんが40才若ければ、間違いなく惚れた。

5月14日(木)
荒川の板橋区へ上げ潮狙いで、行ったが強風。
釣りが出来る状況では無い。
風が防げるのは、支流のドブ川だけ。
新河岸川の志木市へ移動!
しかし、まったくライズも気配も無い。
ヤケクソでキャストしていたら、アタリが1発あって62cmをキャッチ!
帰りに、タバコをタスポ無しで買える販売機で買おうとしたら、
  『年齢が認識出来ません』 等と女性の声がして、
  『オレは未成年に見えるのか』 と喜んだが、
冷静に考えると、 『ムリがあるだろ』
頭の中は、同年代に比べて確かに若い・幼い・が、見た目は普通だろ。
販売機に、バカにされた様でイラッとした。

5月17日(日)
強風の中上げ潮狙いで川口市へ出撃!
ライズが単発であって、アタリもポツポツ。
45cm位のチビを1本キャッチ!
親分クラスが居ない。

暗黒のG.W.!敗者は歯医者へ!?
 荒川シーバス情報

  荒川河川敷同盟 ガハハ吉田


“期間限定バスアングラー”のシーズンになった・・・。 4/27(月)に強行してキャッチした(フッコサイズ?の) 48cm!


世間ではGW。
まだ、仕事の休みが無い。
何だかイラッとする。
ちなみに、今年はまだ1日も休んで無い。
正確には、去年の9月末から、まともに休みが無し。
毎年恒例の“期間限定バスアングラー”のシーズンになったが、
休みが無いので、なかなか行けない。
先週2回強行したが、去年に続き、今年もウェーディングしてコケた。
去年は、左に転べばヒザ上、右に転べば首までの深さ。
弁慶の泣きどころ(なぜかブツけると、痛すぎて笑ってしまう)をブツけて、
痛みに耐えきれずに、脳からの指令とは逆の深い右に、なぜかダイブ。
その時、眼下に広がる水面を見て 『なんで、そっち!?』 と叫んだ。
竿を片手に、久しぶり泳いだ。
おかげで、携帯が濡れて壊れた。
今年は、ヒザ下程度の水深でコケて、ヘッドスライディング。
この時も 『また頭からかよ!』 と叫んだ。
今回、携帯は防水で無事だったが、両ヒザに青タンが出来た。
どうやらオレは水深に関係無く、
頭からズブ濡れにならないと、気がすまない様だ。
やっぱり笑いの神に取り付かれてるのか・・・?
まぁ昔から、狙って無いのに、やる事なす事ド派手だが。
果して今年は、毎年ノルマの50upのバスが釣れるか!?

4月29日(水)
上げ狙いで川口市へ出撃!
僅にベイトが入って居て、ヘタレバイトが3発あったのみ。
釣れる気がせず、1時間で撤収。

5月1日(金)
上げ狙いで川口市へ出撃!
しかし、ベイトが入って無い。
2ヵ所入ったが、アタリ2発だけ。
今回も、釣れる気がせず1時間で撤収!

5月2日(土)
上げ狙いで川口市へ出撃!
セイゴクラスのライズが、5発あったが玉砕。
ベイトが、入って無い。

5月3日(日)
今週シーバスが、1本も釣れて無いので狂乱気味。
ヤケクソで、上げ狙いで川口市へ出撃!
ライズが数発あったが玉砕。
今週は、1本もシーバスが釣れなかった。
春の上げ潮パターンが、今年は無いまま終わった様だ。
もう稚アユが、潮目に入って無い。
稚アユの次にメインになるベイトの、
レンギョの稚魚(2〜5cm)が、シャローに入って来た。
しかし、サイズが小さいため、ルアーを無視されるので、難しくなる。

最悪!GW中に、歯が痛くなった。
そもそも、23年前に歯医者に行ったのを最後に、ずっと行って無かったが、
前歯が折れて(ケンカでじゃないよ!)、
数年前からは、2〜3年置きに行く様になった。
釣りを教えた歯医者さんに通っていて、家から1時間の距離で遠い。
だが、お友達価格で、オマケに、
1度に2〜3回分も治療する事もあるので、
通院する回数が少ない利点がある。
23年振りに行ったら、なんと、オレには30を過ぎても、
乳歯が2本しっかりと残っているというではないか!?
心も体も、お子様だった・・・。
残念ながら、長い年月を共に歩んで来た乳歯2本は、抜かれてしまった。
先生は、性格がオレと似ていて “仕事は遊び・遊びが本気” って先生で、
オレが治療に行くと、他の患者はそっちのけで、
奥でコーヒーを飲みながら釣り談義。
2〜3Fが住居になって居るが、今では住んで無いので、
釣具等の遊び道具を置く秘密基地になっている。
他の患者を治療イスに座らせたまま、秘密基地に案内されて、
海外旅行に行った時に購入した、ヴィンテージ釣具の自慢話。
話しの最中、頻繁に治療室からの先生へ呼び出しが鳴るが、すべて無視。
そのまま1時間は、患者を放置し続けた。
ある時は、 『今度サクラマスを釣りたい』 と頼まれて、
診察日にオレのフライタイイング道具を持って行って、
アクアマリンのタイイングを、事務所で実演。
もちろんタイイング中は、他の患者は治療イスに座らせたまま放置。
そして、先生にはオレと同じさぼり癖があって、
年に数回は診察の予約患者に電話をして、
適当な都合を言って休んで、突発的に釣りに行く。
オレが診察に行くと、歯科助手がイヤ顔}をする。
オレより歳上のオバサンだが、単純でノリが良いので、
心にも無い 『年齢よりも若いですね。綺麗ですよ』 と言うと、
簡単にテンションup。
先生のさぼりにも目をツブってくれる。
しかし、先生の腕は良い。
他の歯医者から、患者が流れて来るほどだ。
だがオレの場合は、過去に雑誌の企画で釣りスクール講師をしたが、
どれもオレの紹介欄には必ず 『おもしろ可笑しく教えてくれる』 と書いてある。
1度も 『親切丁寧に!』 とは、書かれた事が無い。
オレとは、唯一違う。
また、歯医者に通わないとダメか。
でも、行く暇があるかな?

5月8日(金)
今週は雨ばかりだった。
バチ抜けを期待して戸田市へ出撃!
ベイトは入って居たが、ライズもアタリも無し。
板橋区へ移動して、バチ狙いで45cm前後を2本キャッチ!
試しに、ミノー等を投げてもアタリ無し。
バチ系のルアーのみ反応する、グルメ(?)なヤツらだった。
時期的には、バチ抜けのパターンも、もうすぐ終わりだ。