NEWSスクランブル 編集部の取材ネタや投稿など満載!
  編集部速報      

最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。


なんかポツポツ釣れている!?
 荒川シーバス情報

  荒川河川敷同盟 ガハハ吉田


毎年、お盆に墓参りで埼玉県熊谷市に行くが、クソ暑い。
晴れた日は、東京より最高気温が4度程度高く、こ
の日も東京は32度だが、熊谷市は36度・・・体温かよ?
オマケに、湿度まで高い。
デブのオレを、拒絶してるのか!?

8月15日(土)
越谷市のドブ川へ真っ昼間に出撃!
濁りが入ってるが、澄んで来てるので期待大。
1投目からアタリがあったが、バラシ。
2投目以降も、アタリがガンガンあった。
しかし、今回もチビ・・・。
15cm位のを、2本キャッチ!
  『今日も、デカイのはお出掛け中?』 と思っていたら、
60cmを1本キャッチ!
その後は、アタリが少なくなって来たので、中川水系に移動!
3ヵ所ランガンして、アタリ2発。
1本釣れたが、ドブ川名物のヒゲヅラで、なんちゃて赤目のニゴイだった。

8月16日(日)
前日と同じ越谷市のドブ川へ出撃!
本日は、アタリが無い。
ねばって1バラシだけ。

8月17日(月)
夕方の明るい時間帯に、以前から気になっていたドブ川上流へ出撃!
しかし、ポイントがわからん。
釣れそうな場所を探して、ランガンする予定だったが、釣れそうな場所が無い。
やっと、旧浦和市内で釣れそうなポイントを発見。
アタリ1発あって、20cm弱のチビをキャッチ!
その後、ポイントを求め上流に上がって行ったが、見つから無かった。
第2Rで、暗くなってから荒川本流の川口市へ出撃!
アタリ2発あって、40クラスを2バラシ。
どこも、夏の小さいサイズばかり。

8月18日(火)
真っ昼間に越谷市のドブ川へ出撃!
しかし、1チェイスのみ。
旧浦和市内を流れる別のドブ川へ移動!
アタリ1発あって、20位のチビがアワセたら、フッ飛んで来てバレた。
満足した釣果が出ずに、イラッとして来た。

 車酔いのいろは坂
学生の頃からの友人達は、オレと一緒に釣りに行って、
オレだけ釣れ無かったりすると、恐怖に怯える。
昔、毎年11月に栃木県丸沼に、
婚姻色で綺麗に染まったレインボーを釣りに通っていた。
その日も、仕事が終わってから、高校の同級生の家に行き、
前日の夜から同級生の車で向かった。
途中いろは坂で、車に弱いオレは車酔いでキモチ悪い。
毎年、いろは坂で酔うのでオレが運転すれば良いが、めんどくさい。
学習出来ないオレ・・・。
夜中の12時過ぎに、中禅寺湖の湖畔の国道を走っていたら、
ガードレールに乗用車が1台突っ込んでいた。

 人助けはしたものの・・・
車を止めて、確認すると事故車の側に、10代の男2名と女が2名立って居た。
事故車に乗っていたが、ケガもなく無事。
車の状況を聞くと、
 『エンジンは大丈夫だが、どこかに車が引っ掛かって脱出出来ない』 
と言っていた。
  『ロープを探して来て、オレらの車で引っ張ってあげるよ!』 
と伝えて、民家のある場所まで戻った。
ロープを持って来て、車に結び引っ張ったが、バンッと音と共にロープが切れた。
4重に結んでも、ロープが切れて脱出不可能。
懐中電灯を照らして、事故車を覗くと、
ガードレールのワイヤーがバンパーに食い込んでいた。
運転手が、 『JAFを通りすがりの人が呼んでくれたので大丈夫ですよ!』 
と言ったが、標高1000mもある場所なのに、彼らは薄着で寒そうだ。
  『JAFが来るまで、オレらの車の中に入ってろよ!』 
と言うが、運転手だけはショックなのか拒否。
他の男1と、女2名は暖房の入った車で待つ事に…。
同級生とオレが、運転手に付いて外にいたが、
事故のショックか?運転手が泣き出した。
慰めていたが、外に居るので寒い。
1時間待つが、JAFは来ない。
JAFに問い合わせたが 『今出ました!』 蕎麦屋の出前か?
寒さと、JAFが来ないので、オレがイラッとして壊れた。
車のキーを借りて、オレの車じゃ無いので、同級生のランクルを、
事故車にぶつけて押し出そうとしたら、事故車の運転手が必死に止めた。
仕方なくガマン。
結局、ずっと外で3時間待って、やっとJAFが到着。
・・・スゲェ寒かった。

 ・・・報われる事なく
それから、丸沼に向かった。
道中 『良い事をしたので、きっと魚は釣れるだろう』 と話していた。
到着すると、すでに明るくなって来て、一睡もせずに釣りを始めた!
しかし、オレにはアタリすら無い。
同級生は、レインボーとブラウンを1本ずつキャッチ。
釣れないので、完全ぶちギレた。
15時間休憩無しで釣り続けたが、オレは釣れなかった。
諦めて、同級生に 『帰ろう』 と声をかけたら、
  『助けて』 と言葉が帰って来た。
ド近眼のヤツなので、メガネが無いと何も見えない。
度の入った偏光サングラスをして、釣りをしていたが、
まさか真っ暗になるまで釣りをすると思って無く、メガネは車の中。
ウェーディングして釣りをしていたので、
岩がゴロゴロして駐車場まで歩けない様だ。
オレが、同級生の所まで行って誘導。
男2人が手を繋ぎ、水の中を歩いていた。
知らない人が見たら、入水自殺するホモのカップルだ。
同級生に、 『何で帰ろうよ!って言わなかったの』 と聞いたら、
  『そんな事を言ったら、釣り逃げとか言って、
  お前キレて湖に沈めるだろ。怖くて言えなかった』
と言われた。
良くわかってるヤツだ。
帰り道、いろは坂でまたオレが車酔い。
この時オレは思った。
 『この世に神など居ない』 
考えたら、この同級生と釣りに行って、何度か動けなくなった車を助けたが、
その後必ず何かが起こる。
他の出来事は、また次回に…。

8月20日(木)
荒川本流の板橋区へ出撃!
気配が少しあるが、ルアーにはシカト。
トップ(ペンシル)にしたら、3発出て30cm位のをキャッチした!
トップのベストシーズンは秋なので、今年の秋は期待出来るかも!?
個人的にトップは、90度か45度の浮くのがフッキング率が高く好き。
水平浮きだと、出ても弾かれる。
ポッパーや、スイッシャーも良く釣れるが、
飛距離の出る物が少ないので、川幅が狭いドブで使用する程度。
荒川本流ではペンシルオンリー。

8月21日(金)
真っ昼間に越谷市のドブ川へ出撃!
しかし、この日もアタリが無い。
濁りがやっとなくなったが、2発アタって、1バラシと30cm弱を1本キャッチ!
中川水系の別のドブ川へ移動したが、1チェイスのみ。
第2Rで、またもドブ川の新河岸川の志木市へ出撃!
まったりして、釣れる感じがしない。
適当に投げていたら、44cmが1本釣れた。
他にアタリ無し。

8月22日(土)
荒川本流の和光市へ出撃!
トップ(ペンシル)に、2発出て46cmを1本キャッチ!
板橋区へ移動!
ここでも、トップで20cm位と42cmをキャッチ!
他に2バラシ。
この日も、トップ以外のルアーはシカトした。
サイズは小さいが、トップで遊べたので、まっイイかぁ〜。

8月23日(日)
荒川本流はトップで釣れるが、やはりナイスサイズが釣りたい。
前日の場所と違う川口市へ出撃!
潮目の場所で、2発アタったがダメ。
地形の変化のあるシャローエリアに移動して、60位のがヒット!
ネットを準備して無かったので、
強引に岸にあげたらフックが折れて、ルアーが外れた。
魚の元に走るが、逃げられた。
一応、岸にはあげたので、1本キャッチか?
同市内で移動して、同じ様なシャローエリアで25cm位と、
35cm位、47cm×2本をキャッチ!
数が釣れたので、まっイイかぁ… 。
今週、支流のドブ川が不調だった。
原因は不明。
本流の方が正解か

この夏はドブがトレンド・・・か?
 荒川シーバス情報

 ドブシーバスのポイントとは
  荒川河川敷同盟 
ガハハ吉田


今週お台場に、またガンダムを見に行った。
先週は、カメラでガンダムを撮りまくったが、
夜だったのでシャッタースピードが遅くピンぼけばかり。
三脚が欲しかった。
今回は、夕方に行ったが、やっぱり何度見てもカッコイイ。
カメラで撮影して、プリントしたが、ピンぼけも無く感激。
しかし、やってしまった・・・。
今回のガンダムのデータを移し替えの時に、何か文字が出ていたが無視。
気が付くと、データを全部消去してしまった。
昔から、文字を面倒で読まない。
オレの人生は、カッコ良く言えばシックスセンスがすべて。
冷静に分析されると、ガサツで適当。
オマケに、力技も得意。
  『押してダメなら、もっと押せ』 って性格。
お墓参りに行った時、花を入れる花瓶?が固着して外れ無い。
オレの親に、『デカイ体して情けない事を言うな』 と怒鳴られた。
本気を出したら、バキッと音がして外れた。
確認すると、花瓶の土台から外れて、墓石が無惨にも欠けていた。
普通の人なら、片方を外して?壊して?止めるだろう。
だが、オレの頭の中は 『こっちも、壊れるのかな』 と、
残りの片方も外しに(壊しに?)かかり、同じ様に墓石が欠けた。
確信犯?
両方のお墓の花瓶?を、土台から外したのを見て、
  『なにバカ力を出してるの、少しは加減しなさい』 と、親に怒られた。
オレが悪いのか?

8月3日(月)
下げ潮で荒川本流の戸田市へ出撃!
2ヵ所入って、アタリ1とチェイス1のみ。
ベイトが入って居たが、ライズも無く、やる気が無いヤツらだ。
和光市へ移動。
ライズを確認したが、単発でルアーにはシカト。
コマッタちゃんな魚達。
最近、釣れないトップ(ペンシル)を、
ヤケクソで投げたら42cmをキャッチ!
サイズは、小さいがトップで釣れたので、少し満足。

8月5日(水)
秋からシーズン(産卵で遡上)に入るドブ川へ偵察!
1ヶ月前から、2回偵察に行ってベイトは確認出来たが、まったく気配が無かった。
今回は、ライズを確認し、狙うが挑戦的・・・。
上流のライズを狙うと、下流でライズ・・・。
下流に移動して狙うと、今度は上流でライズ・・・。
まるで、ドリフのコント、 『志村!うしろ!うしろ!』 と声が聞こえそうだ。
何度も、振り回されて玉砕。

8月6日(木)
荒川本流の板橋区へ出撃!
ライズがあるが、今日の魚もルアーにシカト。
ヤケクソでキャストしたトップ(ペンシル)の後ろで、1発モワァッと出ただけだった。
週末に、荒川と新河岸川を確認したら、雨でド茶濁り。
数日は、ムリかも・・・?
 ドブシーバスのポイントとは?

最近よく行っている、ドブシーバスの代表的はポイントを紹介しましょう。越谷近辺が知られていますが、河川によっては、岩槻市辺りまで釣れます。

ポイント1: 流れ込み。
水温が低いので、様々な魚が集まる場所。 夜よりも、真っ昼間の方が釣れる。写真の流れ込みは、残念ながら流れが弱い。 この程度だと、単発で終わる方が多く、ランガンで多数回った方が良い。出来れば、本流の半分位まで流れ込みからの流れが入ってると、連発する可能性あり。

ポイント2: 橋&地形の変化。
橋の日中は影。夜は、外灯によって出来る明暗がポイント。 また、橋は橋脚が入ってる方が昼間、夜関係無く釣れる。 そして、見逃せ無いのがドブ川名物ゴミ・・・。チャリ、バイク等が沈んでいて、ゴミの後ろに出来る流れのヨレで、ベイトを待ち構えて居る。 ゴミが入ってる場所だと、明暗よりゴミに着いてる方が多い。 しかし、根掛かりが多く、ルアーを没収されるので、オレの様な貧乏人はお断りな場所。セレブなアングラーにオススメ。 橋は、昼間はランガン、 夜は、爆る可能性あり。 写真を良く見ると、橋の奥が狭くなっていて、狭い場所から広くなる方へ流れていれば、流れのヨレが出来てポイントになる。真っ昼間、夜関係無く釣れる。 しかし、単発で終わる場合が多く、粘っても数は伸びない。

ドブ川の魅力は、誰も釣り人が居ないこと。 しかし、真っ昼間に釣りをしてると、通行人に変な目で見られる事も・・・。 面白いのが、釣れると通行人が、『何が釣れたの?』 って、聞いて来るので 『フッコ・・・スズキの小さいヤツ』 と答えても、信用しない。釣り上げた魚を見て、 『何それ?コイじゃ無いねェ』 と言われる。だから言ってるだろ!と、イラっとする事も多い。

     流れ込み

    橋&地形の変化

 夏といえば怪談・・・か?
 荒川シーバス情報

真昼間ドブシーバスぽちぽち・・・
  荒川河川敷同盟 
ガハハ吉田


相変わらず毎日が夏休みだ。7月末、お台場へ話題のガンダムを見に行った。チャラ男風に言えば『パねぇ!』(ハンパねぇ)大興奮! 仮に、もしガンダムの脇に、オレの大好物女子高生が裸で居ても、シカトしてガンダムを見る!!
夏になると想い出す・・・?
蒸し暑い日が続きイヤになる。
夏に最適なオレがゾッとした話で、少しでも涼しくなれば…。
20年前、富士五湖の1つ本栖湖でモンスタートラウト釣れて、話題になっていた。
そして、幽霊までもが・・・。
当時オレも、1月から2月はほぼ毎週、本栖湖に通いつめの日々。
その日も、先輩と仕事が終わって前日の夜から出発!
高速を降りて、自殺名所、青木ヶ原樹海に差し掛かった時に、
突然オレに異変・・・ブルブルと震え始めた。
隣の先輩は、何でも無いがヘタレなので、オレを見てビビりまくり。
樹海を抜けると、震えが止まった。
そして、本栖湖に到着。

異変が続く・・・
その夜はお土産屋が並ぶ駐車場に車を止めて仮眠する予定だった。
しかしその日は、暴走族の集会が行われていた。
さすがに、山梨の族には知り合いは居ない。
民家等まったく無いが、ポイント付近で仮眠をするため車を走らせた。
幽霊の目撃が多いトンネルに差し掛かった時に、
またしてもオレの体に異変が襲って来て、震え始めた。
過去に、トンネル下では知り合いが、金縛りにあったのが1名、
他に1人が、釣りをしていたら首の無い野武士の集団が、
山の方から湖に向かって歩いて行くのを、数メートルの距離で目撃した場所。
トンネルを抜けたら、オレの震えが治まったが、
しかしヘタレの先輩はオレの震えに怯えていた。
今まで、本栖湖に行って1度も体に異変が起きた事などなかったのに、
この日は何だ?何かが、おかしい?

いよいよ出現か!?
ポイントに到着して仮眠を取るが、神経質なので、枕が替わると寝れないオレ。
この日も、寝られずに1時間以上が経過。
目を瞑っていたが、瞼越しに強烈な光り!
幽霊など怖く無いオレだが、光りが強くなって近付いて来るのがわかった。
初めて幽霊に恐怖した。
しかし、怖くて目が開けられない。
だが、ドンドン光りが強くなるのがわかる。
意を決し目を開けたら、さっき駐車場に居た暴走族。
光りの正体は、ヘッドライトだった。
幽霊でも、何でも無い。
とてもマナーが良くて、変に吹かさずに通り過ぎて行った。
この時に思った。
幽霊等の死んだ人より、生きて居るガラの悪い集団の人達の方が、恐ろしいと…。

7月27日(月)
上げ止まり付近で、川口市へ出撃!
夏〜秋の上げ潮は、あまり期待出来ない。
潮目の場所へ入ったが、ベイトが数匹確認出来ただけ。
アタリが無く、シャローの場所へ移動。
2ヵ所入ったが、どこもベイトが入って居た。
しかし、アタリ無し。
戸田市へ移動して、アタリ2発あっただけ。

7月30日(木)

まっ昼間に、越谷市周辺のドブ川へ出撃!
濁りが入ってるが、先週から濁ってる状態なので、
  『関係無いだろ』 と思ってた。
大正解!アタリがガンガンあったが、全部セイゴクラス。
アワセる毎に、魚が小さ過ぎてフッ飛んで、バラシが6本以上。
30cm位のを2本キャッチ!
 
上流に、デカイのを求め移動して48cmを1本追加!
この日はクソ暑く、ガマン出来ずに撤収。

7月31日(金)
真っ昼間に越谷市周辺のドブ川へ出撃!
前日、強い雨が降ったのか濁りがキツイ。
魚も、前日よりも小さくなって10cmちょいのが、1本釣れただけ。
他に、50cm前後がジャンプでバレただけ。

8月2日(日)
真っ昼間に越谷市のドブ川へ出撃!
向かってる途中で、雨が降って来た。
引き返すか悩んだが強行!
ドブ川に到着したが、雨が強くなって来た。
オマケに濁りもキツイ。
この日も、15cm位のセイゴのオンパレード。
2匹チビが釣れただけ。
親分クラスはどこへ…?

荒川本流よりも、
水温が少しでも低い支流をメインに攻めて居るが、チビばかり。
夏は、支流に流れ込む豊富な水流の水路があれば、
当たれば日中の方が魚が溜まっていて釣れる。
しかし、オレはチビばかり・・・。