昨夜の狂乱が嘘のように静かな南川漁港スロープ。島に夜明けが訪れてヒラマツひとりたそがれて...(T_T)
君よ知るや南の島
  徳之島なう      
<2017年 10/18〜11/8> 

 君よ知るや南の島
 徳之島なう

釣れるはずの秋だけど!?
<2017年 10/18〜11/8>

今年は天候が変だ。8月は梅雨のような長雨が降り続いて夏じゃなかったし、10月には出戻りの夏が来たかと思えば、早すぎる冬が来たり。日本はどうなってしまうのだろう?ま、それはともかく徳之島。3月、6月とめっきり魚影が薄く、思うような漁獲が上がらなかった。しかし今回は10月。実りの秋、収穫の時だ。釣れない訳が無い・・・と思う。釣れるんじゃないかな?釣れるといいなぁ〜・・・。若干、多大な不安を抱えつつ、行ってきまぁ〜す!

那覇っ!なはっ!
10月18日(水)
18:35pm
ほとんど冬の東京を離れて、いまだ真夏日の那覇へ!気温差どんだけ?


 那覇空港まで2時間40分くらいか?
 寝てりゃあっという間だ。


・・・っと、小雨の那覇は27℃ ( ̄〜 ̄;) やっぱりモワッと湿気ってました。

例によって生ビール(大)グビッ!
 「Bon Voyage (良い旅を)」
っちゅうことで(中)おかわり・・・f(^_^;

台風21号?(・・;)
10月19日(木)
8:10am
朝7時那覇港出航のフェリーで徳之島へ。


クイーンコーラル8の2等船室。まさしく雑魚寝!

なんかもう台風の影響が出てるみたいで、徳之島の手前の与論島、
沖永良部島は「条件付き寄港」だと!
つまりいつもの港ではなく、島の反対側の港に入るとか、
へたをすると接岸不能ということで素通り(!)してしまうこともあるってことらしい。
発券窓口で「それでもよろしければ」って言われてる人もいたけど・・・そう言われてもねぇ?
 

意外に平穏 (^-^)v

10月19日(木)
20:00pm
17:00pm、無事に徳之島到着。途中思ったほど海は荒れていなかった。
ま、荒れてりゃ欠航か? f(^_^;
与論島、沖永良部島にも(島の反対側の港に)寄港して、
徳之島も太平洋側のいつもの亀徳新港ではなく、
東シナ海側の平土野(へとの)港に入港した。


入港は7〜8年ぶりの平土野(へとの)港。
AK柴はたまにエサ釣りで来たがる。



地元の生徒さんのブラスバンドが歓迎。
なんか数日前から大型客船の日本丸が停泊していて、
そのついでに歓迎してくれたようだ。


明日の天気は晴れ/曇り。
最低気温26℃、最高気温31℃。
日の出6:28amで大潮の満潮が6:43amと、いきなりのビッグチャンス!
週末は台風の接近で荒れた天気になる。
明日頑張って夜明け前に起きるのか?
それ以前に今夜の酒を控えられるのか?
それが問題だ! Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

台風接近!( ̄〜 ̄;
10月20日(金)
8:45am
昨晩はAK柴のご親戚が顔を出してくれて、結局恐れていた酒盛りに・・・(^_^; しかしまぁそこは大人の対応でほどほどに? 頑張って今朝は5時起き。予報では夜から雨になって (>_<") 週明けまで釣りになりそうもない。大物を期待して山(さん)漁港の砂浜中央防波堤(仮名)へ。


まだ穏やかな山漁港の夜明けと先端で頑張るAK柴。


潮位が下がるまで堤防島流し状態 f(^_^;
おまけにアタリひとつ無い・・・(T_T)


まだ風も強くはなく、波は多少大きいかな?ってくらい。しかし魚っ気無し・・・(T_T)
ま、ご挨拶程度ってことで...(ー。ー#)

満潮時の山(さん)漁港砂浜中央防波堤(仮名)。
一段低い堤防の岸寄りは想定外の波かぶり!(・・;)

嵐の前の (^_^;)))
10月21日(土)
10:00am
昨日はとにかく天気が崩れる前にってことで、前回6月に味をしめた「夕まずめ」を狙うことに。
日没17:52pm、大潮の満潮が18:45pmと絶好のタイミングだ!
ん?半日前にも似たような事言ってなかったか?・・・ま、いいや。
定番鉄板やる気満々で松原漁港へ!o(*⌒―⌒*)o


松原漁港お馴染みのスロープをどっかり座り込んで攻めるAK柴。
ぱっと見て後ろの山の名前分かりますか?そう!一目瞭然の「寝姿山」です。



東シナ海に陽が没して天頂付近には星が見えていたが、
夜半からは台風接近で雨になる。
2〜3日は釣りにならないからと真っ暗になるまで粘ったのに・・・
な〜んもなかったなぁ・・・ (T_T)

台風一過 (*^^*)
10月23日(月)
19:50pm

     台風一過。 庭のパパイヤには青空がよく似合う。

台風21号は昨日の日曜日の朝にはピークを過ぎて、それでも今朝までかなりの強風が吹き荒れた 。
青空に陽射しも戻り・・・そろそろ釣り行くか!o(^o^)o ってんで、夕方には松原漁港へ。

 
松原漁港の外堤防先端で地元のアングラーが・・・まだ外海は大荒れだっちゅうのに!? (@_@)
漁船はほとんど陸上に揚げられていて漁港内は釣りし放題!

真っ暗な19時まで粘ってヒラマツ今回初の小さな幸せ・・・!(*^^*)
18cmのフエダイをゲ〜ット!o(*⌒―⌒*)o

 
日没後およそ1時間、今回徳之島初ヒット!フエダイ18cm・・・o(^o^)o
ま、なにはともあれラパラCD7黒銀をガッツリ食わえて。
ん〜まぁ、リリース・・・( ̄〜 ̄;)

女神の微笑み (*^^*)
10月25日(水)
9:55am
やっとこ5時起床。
来島早々の山漁港以来6日振りの夜明け前釣行だ。
台風一過のチャンスのはずが結構な風が吹き続き、波浪注意報は出っ放し!(@_@)
ここまでほとんど釣りにならなかったし、今朝も状況が好転した訳ではなかったが・・・(^_^;)))
どうにも辛抱たまらん!いい加減釣れる頃だろうと!?o(^o^)o
しつこく、しかし今回朝は初めての松原漁港へ。


スロープに魚の気配が。AK柴はアスリートの9cmミノーを投げ続け・・・そして寝姿の女神は微笑んだ 。

おおっスロープでは何やら魚のライズが!
勇躍ミノーを連投するAK柴。
そして徐々に明るくなってゆくスロープでついに、ついに!o(*⌒―⌒*)o ・・・女神は微笑んだ。


AK柴最初の獲物は27cmのカマス! (どうせまた干物にするって言うんだろうなぁ(^_^;) : ヒラマツ談)
2匹目にメインターゲットのヒラアジをゲット!23cmの(おそらく)ロウニンアジだ。
このサイズが釣れれば塩焼き、煮付けなど食卓が豊かになる (^-^)v



ヒラマツは漁港出入り口の駈け上がりで21cmのニバイをゲット!
ラパラCD7はオカズミノーと呼ぼう f(^_^;
 
AK柴大笑 \(^○^)/
10月25日(水)
16:50pm
今日は夕方のフェリーで毎年皆勤のSZ木がやって来る。
朝の水揚げ3匹は明日の朝食にするとして、今夜の歓迎晩餐会のメインディッシュが欲しい(*^^*)
・・・ってことで、今年は沈黙しているが日中でも期待できる秋利神川(あきりがみかわ)へ。


今年は3月も6月も沈黙していた秋利神川。
大岩の左側に堆積していた土砂が流されて浜に向かって水路(河口)が開いている。


幸い心配していた濁りもなく、さらには小魚の群が何者かに追われて逃げ惑っている!
今朝の松原漁港で調子を掴んだAK柴はすかさずミノーを投げる。おおっ!たちまちロッドが曲がる。
良い型の獲物が!フエダイ25cmゲ〜ット!o(^o^)o

久し振りに魚っ気がある!AK柴フエダイ25cmゲット!
20cm以上のベイトの群が逃げ惑っていた。コイツに追われていた訳ではなさそうだが・・・(^_^;)))



今日の勢いならと湾屋川河口へ。こちらにも濁りはない。
平土野港に入る貨物船が大きく白波を立てていた。外海はまだ荒れているようだ。



AK柴は絶好調。今日4匹目(4魚種目!)はエソ27cm!
この型が4〜5匹揃ったらツミレにするぞ!(^-^)v



名前が○○ダイ(コイツはフエダイ)で、25cmあって、いかにも海のお魚らしいイケメンで、
尻尾もキリッと立派となれば・・・いやぁ〜なかなかのお造りができました!

なんと!AK柴!(^○^)
10月26日(木)
11:20am

常連客のSZ木は専用のタックルまで置いてある。スロープを攻める姿もビシッと決まっている(*^^*)

どっこい今日も5時起き。SZ木も加わり3人で松原漁港へ。
んん?またもやスロープに魚の気配! ここぞとばかりにミノーを引き倒すAK柴、SZ木。
・・・と、なんとスロープ中央にドバシャ!っと激しい水柱が!\(◎o◎)/ AK柴ヒット!
目いっぱいのパワーで引きずり上げたその獲物は・・・49cmのバラクーダ!
ん〜AK柴・絶・好・調〜〜〜o(*⌒―⌒*)o


AK柴ラパラCD9青銀で49cmのバラクーダをゲット!
「干物にしましょう」とは言わなかったが (^-^)v 何か企んでいるようだ。

おおっ大迫力!ヒラマツこいつを3枚におろすと・・・AK柴どうする?


バラクーダの切り身に塩をして干す。
ん?カマスの干物?AK柴何を企んでいる?

また台風!( ̄〜 ̄;)
10月27日(金)
8:55am
絶好調のAK柴を止められる者はいるのか? と思っていたら・・・いた。
週末にかけて台風22号が奄美群島直撃コースでやって来る!(@_@)
んじゃ今のうちってことで、昨日の午後には干潮の低水位を無視して秋利神川へ。


川の流れの中を通したグラスミノーにヤガラがおちょぼ口でガッツリ!(@_@) ぬるぬるで掴むのいやっ!

やっとヒラマツ o(^o^)o ミニグラブのオカズタックルを持ち出して57cmのヤガラ、16cmのヒラアジと連続ヒット!


ヤガラ57cmあっても超細い (^_^;) 食べるとこ無いんでリリース!
川の上流ではヒラアジ16cmヒット。ん〜〜 f(^_^; 小っちゃいんでリリース!

一方でAK柴はというと・・・好時魔多し!? (/≧◇≦\)
根掛かりを外したラパラCD9が右太股にブッツリ!
負傷リタイア病院行き (@_@) 絶好調AK柴を台風前に怪我が止めたか・・・?

そして今朝。なんとかぐだぐだ5時起き。
負傷休養のAK柴を残して約2名は出漁するも・・・山漁港、松原漁港ともにな〜んも無く、
7時過ぎには雨が降りだして撤退 (T△T) 嗚呼・・・また週明けまで釣りにならんか!?Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

台風直撃!(@_@)
10月28日(土)
12:30pm
昨夜からダダ雨!ドド風!もうすぐ直撃だぁ〜!\(◎o◎)/



写真は昨日の徳之島北端金見崎のリーフ。
大波が打ち寄せて来てたけど、まだ雨風は断続的で水平線には奄美大島が霞んで見えていた。
あ、そうだ (^_^;) 停電に備えて懐中電灯出しとかなきゃ!

台風すごっ!(@_@)
10月29日(日)
8:10am
昨日の14時から16時に島は台風暴風域真っ只中に!
いやぁ〜・・・(/≧◇≦\) 風も雨も生まれて初めてって凄さ!
思わず考え無しに車で台風見物に出掛けて・・・f(^_^;
正直あまりの暴風雨におっかなくなって、すぐ引き返して来る始末・・・(T△T)


無事帰宅したと思ったら停電に。
ロウソクと懐中電灯を用意して暴風雨を肴にグビッと。


夕方からは電線が切れたりしたのか夜まで断続的に停電になって、
すること無いんでオヤジ3人ロウソクの灯りで酒盛り!


夜も断続的に停電。オヤジ3人ロウソクの灯りで酒盛り・・・(^_^;)))
SZ木は「インスタ映えします! 」と "いいね" あさりに余念がない o(^o^)o


今朝はもう雨も上がったけど風はまだかなり強烈に吹いてるし、
海は当分荒れてるだろうし、またしばらく釣りにならんかも? Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
 
AK柴の企み?(^○^)
10月29日(日)
13:45pm
3日前にAK柴がゲットし、解体、干乾しにされた49cmのバラクーダの切り身。果たしてその運命とは?そしてAK柴の企みとは?台風22号が去った日曜日の昼下がり、ついにその全貌が明らかになった \(^○^)/ わーい、わーい!


「な、なんですか、その大荷物?」 羽田空港でヒラマツを驚かせたAK柴のおっきな機内持ち込み手荷物の正体は?


おお、大型薫製鍋だ!桜のスモークチップを底に敷き詰め、バラクーダの切り身を並べたら・・・


鍋に蓋してもくもくスモーク!


バラクーダの白い切り身がほんのり美味しそうな薫製色(?)に・・・あぁ〜美味し!(*^^*

バラクーダ49cm。相変わらず獰猛な面構えだ!( ̄▽ ̄;)
「 オレをどーするつもりだ!?」ちょっと不安そう?

赤鈴平水産だ!(^○^)
10月30日(月)
9:40am
皆勤ゲストさんSZ木は今日午後の飛行機で島を離れる。
ラストチャンス・・・どんと来いっ今朝も5時起きだ! o(^o^)o まだ暗い松原漁港へ。
おおっなんと、来た来た、群がいたっ!3人揃ってヒラアジゲットだ!
ついにSZ木は定番のスロープでロウニンアジ20cm!AK柴は同じくロウニンアジ24cm!
ヒラマツは大好きな漁港出入り口でギンガメアジ25cmをゲ〜ット!((o( ̄ー ̄)o))
嗚呼っ!赤鈴平水産に栄光あれっ!!!

 
「もんだどんだい!」(  ̄▽ ̄)ドヤ顔のAK柴24cmロウニンアジをゲット! 太股の傷も癒えて完全復活だ!
AK柴のルアーと絡んで、やっと外したと思ったらそのまま引いて行ったAK柴にヒット!
「ええっ!ウッソ〜」と愕然としていたら直後にコイツがヒ〜ットオ〜! 「こ、これで帰れますぅ〜・・・」



豆チビ魚ばっかだったヒラマツ・・・(T△T)
やっとようやくなんとかギンガメアジ25cmゲット!


 
赤鈴平水産3人揃って水揚げってのは初めてかも? ヒラマツ張り切ってプチ解体ショーだ!((o( ̄ー ̄)o))
SZ木のフェアウェルパーティーには自分で釣った20cmのロウニンアジと、
ヒラマツのギンガメアジ25cmを超新鮮な刺身(1時間前まで泳いでた!)で。
あぁ〜・・・まだ9時前だってのにビールが美味い!\( ̄▽ ̄;)/
 
鈴抜け水産?f(^_^;
10月30日(月)
20:35pm
15時ちょい前のプロペラ機で帰るSZ木を徳之島子宝(!)空港に送って、その足ですぐそばの湾屋川河口へ。


いやぁ〜 ( ̄▽ ̄;) 湾屋川河口に押し寄せる波は半端じゃなかった!
川からの濁りと満ち潮の澄んだ海水が入り交じって、いい感じだったんだけどなぁ〜・・・(  ̄▽ ̄)


満潮近いところへ波浪注意報の大波が押し寄せて・・・おおっ怖っ ( ̄□||||!!
奥のスロープでヒラマツ17cmのヒラアジをヒットするも20cmの自主規制で・・・リリース f(^_^;
あ、上空をSZの乗ったプロペラ機が・・・(^-^)/

朝のような連続ヒットを期待して松原漁港へ移動。・・・が、甘くはなかった!?(T△T)
方針転換したヒラマツはプロダクトワームのグラブをブレットヘッドのジグヘッドリグにしてスイミング。


松原漁港堤防の石積み際から狙い通りにニバイ2連発。
ま、そこそこ満足かな!?(^○^)


石積みの際から18cmと21cmニバイを引きずり出したが、
自主規制により21cmのみキープして日没撤退となった。f(^_^;
鈴抜けの赤平水産尻すぼみか?Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


朝のロウニンアジ24cmと、ついさっきのニバイ21cmの刺身でグビッ!\(^○^)/
あぁ〜これだよこれ!ほんとに徳之島らしい一日だったなぁ・・・ o(*⌒―⌒*)o

平穏な日 (*^^*)
10月31日(火)
14:35pm
昨日はまだ海は荒れて風も強かった。しかしヒラアジの群がいて連続ヒット。
ニバイも入れれば20cmオーバーが4匹、その他リリース2匹と都合6匹の水揚げだった。
で、今朝は風も無く、海も穏やかになって・・・あれ?いつもの10月の徳之島ってこんなじゃなかったっけ?
んじゃ、昨日の今日で魚は群でいて、天気も良くて、いつもの秋のいい釣りができんじゃね?
 o(*⌒―⌒*)o と思ったんだけどね・・・!?
張り切って5時起床。 期待に胸膨らませて松原漁港に行ったんだけどね・・・ ((o( ̄ー ̄)o)) ( ̄▽ ̄;) Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


すっかり日も高くなり、満潮からの下げで半分以上露出したスロープ。
しかしついさっきまで「80cmのカスミアジが!」 約1時間おきにスロープに突っ込んで来て小魚を追い掛け回していたと。
そう興奮気味に語ったAK柴は、結局5:50amから8:50amまでの3時間、 ここでミノーを投げ続けた! (^_^;)))
ヒラマツも最後に60cm(!)ほどのヒラアジがスロープに突っ込んで来るのを目撃した・・・だけだった。
 
平穏だったなぁ f(^_^
10月31日(火)
22:20pm
朝の最低気温が20℃。日中風も無く晴れて、気温は28℃まで上がった。
短パンTシャツ姿で釣りに行ける。徳之島の秋ってこれだよなぁo(*⌒―⌒*)o


秋利神川はかなり土砂が堆積して、川岸の広い範囲が浅くなってしまった。
ミノー引きのAK柴はやりにくそうだ。


満潮の秋利神川から日没は湾屋川河口、
松原漁港の夕まずめといずれもいい雰囲気なんだが・・・ (  ̄▽ ̄)


湾屋川河口に陽が沈み飛行機が降りて来た。
さあ、夕まずめは松原漁港へ。・・・おわた (T_T)


なんだかなぁ・・・ Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

入れ食い!? f(^_^;
11月1日(水)
10:20am
霜月最初の朝。月が変わってツキも変わる?また暖かで穏やかな日になる? (^_^;)))
きりきり5時起床。風が無さそうなので大物狙いで山漁港の堤防へ。
AK柴は定位置の堤防先端でミノーを引き倒す。 と、夜明け前の薄明を切り裂く水柱!
「でかい!」ドバドバシャ!あ・・・ラインブレイク ( ̄□||||!!


 「あぁ・・・デカかった・・・」 空のクーラーボックスが重い。AK柴の足取りも重い。

その後は何も無く松原漁港へ移動。
食材不足を考えてヒラマツはミニグラブで岸壁のヘチを攻める。
おおっ、オカズタックル大当り!
ニバイの入れ食いだ!((o( ̄ー ̄)o))・・・けど ( ̄▽ ̄;)


ヒラマツ小一時間でニバイ7匹の入れ食い!だがちっちゃい(T△T) 12・14・14・15・16・16・19cm。
グラスミノー1 3/4in.を咬えているのは最小の12cm (^_^;)))

思わず「でかい!」と呟いてしまった19cm ( ̄▽ ̄;) コイツはキープする。貴重な食材だ。
 
ん〜大漁?f(^_^;
11月1日(水)
22:40pm
まぁ〜とにかく暖かで穏やかな一日 (*^^*) いかにもまったく徳之島の秋はこうだよなぁ〜と。
満喫!o(*⌒―⌒*)o 短パンTシャツの夏の格好で日没まで釣りができた。


今年はなかなか結果が出なかったが、秋利神川もやっと魚影が濃くなってきた!

んで漁獲はというと朝の小ニバイ7匹の後、午後は湾屋川でアブレたが、
秋利神川でAK柴はフエダイ23cm、ヒラマツが不本意(?)ながらのヤガラ64cmゲット!((o( ̄ー ̄)o))

 
この前のより小さいとはいえ、いかにも魚らしい形の魚にご満悦のAK柴。フエダイ23cmゲット!
ルアーカラーは青銀命 o(^o^)o だったAK柴。「こんなオモチャみたいな色でも?」と感心しきりだった。


64cmあっても細くて食べる所が無いヤガラ。おまけに写真に全身入んないし。
ん?背景に上半身裸のタオル頬かむりの余計なオヤジが! Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

ん〜こうすりゃ全身写るかヤガラ?尻尾の先のヒモみたいなのも分かります?


闘い済んで日が暮れて・・・ (*^^*)

最後に夕まずめを松原漁港で盛大に・・・とはいかず、
ヒラマツのニバイ16cmで尻すぼみの終了となった。( ̄▽ ̄;)
だが、あれ?大小を問わなければ最大64cmのヤガラ、最小12cmのニバイ (^_^;)))
今日一日全部で合計10匹!?ん〜大漁なんかな赤平水産?( ̄▽ ̄;)

ツキは変わった!o(^o^)o
11月2日(木)
14:15pm
どんとこい5時起き!昨日バラシた大物を・・・と意気込むAK柴は、
山漁港の堤防先端で 「昨日の半分くらいか?」とギンガメアジ25cmゲット!((o( ̄ー ̄)o))


「小さい!」と生意気な口を叩きながら抜き上げた。
ラパラCD9パールカラーをガッツリ咥えたギンガメアジ25cm。



ヒラアジ一匹入れて・・・「お、重い!」と偉そうにクーラーボックスを担ぐAK柴。
「ほとんど海水とペットボトル氷じゃないか」と心の中で毒づくヒラマツであった。


明るくなって南川漁港へ行くと、こちらにはヒラアジの群が!
40〜50cmサイズが10〜20匹前後の群をなしてスロープに出入りしていた。
ルアーには反応しなかったが暗い時間帯ならいけるかも?んん〜秋らしくなって来たぞ! o(^o^)o


花時名(けどきな)漁港奥のスロープ脇でAK柴はフエフキダイ23cmをゲット。
花徳(けどく)の我が家から車で5分とかからないのだが実績が無くて滅多に来ない。
滅多に来ないから実績が無いのか?


帰りがけのついでで寄った花時名(けどきな)漁港ではまたもやAK柴!
「初めての顔ですねぇ」とフエフキダイ23cmゲ〜〜ット!
おおっノンストップ青春オヤジの誕生か?(^_^;)))

もっとヒョットコ顔のイメージだったが。
フエフキダイ23cmはアスリート9cm黒金にヒットした。


朝の9時から刺身で宴会。ついさっきまで海で泳いでたんだから新鮮この上ない。
ギンガメアジは3時間、フエフキダイなんか没後たったの1時間だ!



宴会の〆は冷凍ストックしていた魚のアラで雑炊。
バラクーダ49cm、フエダイ28cm、ヒラアジ20・24・25cm、
ニバイ21cmの6匹のアラで出汁をとって・・・と思ったら、
頭や骨には意外に身がついていて豪華な雑炊に!
 o(*⌒―⌒*)o
 あぁ〜〜美味し!
 
超絶!悶絶!((o( ̄ー ̄)o))
11月2日(木)
21:25pm

今朝、大型ヒラアジの群を目撃した南川漁港スロープにはベイトの群が入っていた。
「夕まずめ狙いましょ!」力強く確信を持ってAK柴は言った。


本当にAK柴なのか?AK柴の着ぐるみを着た魚神さん(古!) なんじゃないのか?(^_^;)
朝方大型ヒラアジの群を目撃した南川漁港の日没&満潮を狙うと! ((o( ̄ー ̄)o))
なんと!狙い通りベイトを追ってスロープに突入するヒラアジの群が!
その狂乱の真っ只中にラパラCD9パールホワイトを投げ込むAK柴!
ロッドが大きく曲がる!!! 本当にホントかよ?Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

 
日没後、真っ暗闇のスロープに大型ヒラアジの群が突っ込んで来た!
「来た!」AK柴のロッドがググンッと大きく絞り込まれる!
ドヤ顔というより強張ったAK柴。((o( ̄ー ̄)o)) ギンガメアジ49cmゲットだ!



「明日は親戚呼んで宴会しましょ!」 o(^o^)o了解っ!

アンビリバボ AK柴!\(・o・)/
11月3日(金)
9:30am
勢いついて今日も5時起き!まだ真っ暗な南川漁港のスロープへ。
昨日の今日で大型ヒラアジの群が小魚追ってバシャバシャやってるに違いない!
・・・ん?そうでもないか?(^_^;))) あれ〜・・・1回ぽっきり。
それでもAK柴はスロープ外からミノーを引いてギンガメアジ25cmゲット! ((o( ̄ー ̄)o))
アンビリバボ〜〜Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


ミノー1本さらしに巻いてポッコリお腹にプッツリと。
ミノー1本道AK柴、今朝もギンガメアジ25cmゲット!
ラパラCD9パールホワイト+αのボディは魚の歯形でザラザラガビガビ (^_^;)



昨夜の狂乱が嘘のように静かな南川漁港スロープ。
島に夜明けが訪れてヒラマツひとりたそがれて・・・(T_T)
 

ビリーブ! o(^o^)o
11月3日(金)
22:30pm
絶好調AK柴。いまいちヒラマツ・・・ (^_^;) その差はなんだ?
ひたすらミノーを信じて引き続けて良型の魚をゲットするAK柴。
あれやこれや狙いを変えルアーを換えて腰の据わらぬヒラマツ。
んん〜 Ψ( ̄∇ ̄)Ψ 愚直に地道に結果を出すAK柴、
小利口に立ち回ったつもりが的を外すヒラマツ?ってか?

夕方、日没時の満潮に向かってひたひた潮のさす湾屋川。
ヒラマツは前回6月の最後にここでゲットした大型のニバイ(37cmあった)に的を絞った。
ベイトタックルにゲリヤマのグラブをセットして足元の岩場のボトム、岩陰を攻める。
13cmのニバイ、15cmのオニオコゼ・・・(^_^;)))


ニバイ13cm、オニオコゼ15cm(写真)と小物が続く。
「オコゼ2度揚げすれば骨まで美味しく食べられますよ」
 (ー。ー#)・・・めんどい!リリース。


やっぱり小物の人なのねぇ〜・・・と、足元の岩のえぐれから黒い影がグラブにアタック!
食い損ない?すかさず落とし込むと・・・来た!
ググンッと重いアタリはニバイ28cm!((o( ̄ー ̄)o)) まぁ〜なんともとにかく超嬉しす!

 
ニバイ28cmはヒラマツ史上歴代2位の大きさだ。30オーバーを狙ったんだが特に文句なし!
これがやりたかったんだよねぇ〜 ニバイぶつ切りにしてハタ鍋!o(*⌒―⌒*)o


ミナミの帝王 \(^o^)/
11月4日(土)
10:10am
「釣り飽きたんで・・・」
今日はゆっくり朝寝を、と言っていたAK柴だが寝床でゴソゴソ。
「南川漁港だけちょっと行きますか?」
今朝はなんだかんだ5:30am起床 (^_^;)))
あれ、大潮の満潮と日の出が7時前にシンクロしてる・・・チャンスじゃね?

しかし、スロープ沈黙・・・ (T△T) ボラ跳ねてるだけ。
そんな中でもミノーマイスターAK柴(!)はギンガメアジ25cmきっちりゲット!
そう言えば昨日も湾屋川の帰りに「ちょっとだけ」と寄った南川漁港で、
サイズも同じギンガメアジ25cmをゲットしていた。


連日のギンガメアジ25cmをアスリート9cm金黒でゲット。

「ミナミの帝王って呼んでいいですか?」
卑屈にへりくだったヒラマツにもオコボレが。
.なんと大物43cmのボラがヒット!んん〜〜(ー。ー#)


何か小さいのがいないかとスロープ波打ち際にゲリヤマグラブを引くと、ゴン!ググンッ!ジジジィ〜ッ!
なかなか寄らず「50cmクラスです!」気分はすっかりヒラアジのヒラマツ。
・・・はい、お疲れ様〜・・・Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ボラ43cmのスレ掛かりでした。


 
んん〜ボラだ。43cmあって、それなりの魚らしい姿形だし、すっげー良く引いたし(スレだけど)
・・・それなのにこのそこはかとない不満足感ってなんだ? ボラだから?


徳之島ではボラを食べると聞いた。 一説によれば冬の脂の乗ったボラの薄造りと、
ふぐ、刺身コンニャクのそれとを食べ較べても区別がつかないと言う。f(^_^;
氷水で締めて洗いにしてみた。ぽん酢でいただく。 んん〜〜美味し!o(*⌒―⌒*)o
 
プチリーフ (*^^*)
11月4日(土)
16:20pm
「漁港ばっかじゃなくリーフの先っぽ行けばもっといいの釣れんじゃね?」
東京出る前にキタコシに言われてた。
んじゃちょうど干潮だしAK柴が昼寝してる間にと花時名漁港へ。
港の外に50mも行けばリーフの先端なんだが・・・(ー。ー#)
向かい風強くもろ波被り状態。それなら南川漁港。


大潮の干潮時、南川漁港のスロープは干上がってしまう。

ここはリーフの切れ目に造られたのか港内岸壁の一段下に岩場・リーフエッジがある(あくまで個人の感想です)。
ヒラマツ30cmオーバーのニバイを夢みてベイトタックルにグラブをセットし港内リーフエッジに降り立った!o(^o^)o

 
小一時間でニバイ13・17・18・19cmゲット! プチ狙い通りでヒラマツはプチ満足? f(^_^;
港内リーフに降りられるのは大潮の干潮時2時間くらい。干潮から2時間もたつと潮が差して・・・はい、撤退!

ビバ!干潮 \(^o^)/
11月5日(日)
16:22pm
昨日の夕方も日没後の満潮にかけて南川漁港へ。
北寄りの風が強く肌寒い。おまけに魚っ気も無いときたもんだ (T△T)
でもそんな時でもミナミの帝王AK柴は釣る。
最近めっきりご無沙汰のコトヒキ23cmをラパラCD9パールホワイトでゲット!


昨日の夜、南川漁港のスロープで大型ヒラアジに追われてたのはコイツか?
AK柴23cmのコトヒキをゲット!


しかし直後にそのヒットルアーを根掛かり!(◎-◎;)


ど干潮の南川漁港スロープ。昨日夕方の満潮時には岸壁数10cmまでひたひたに海だった!

「明日の干潮に取りに来ましょう」 ってんで、今日昼過ぎに無事回収。

 
スロープど真ん中、フジツボにラインが絡んでいた。ラパラCD9パールホワイト無事回収。
港内プチリーフが目一杯露出中。 今なら100m近いリーフエッジを全部攻め切れる・・・と思った時、
「あの〜松原のスロープにも・・・」だと!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


ところが、「実は松原漁港のスロープにも・・・」ときた!(ー。ー#)
急遽太平洋から東シナ海へと島を横断すること20分。
こちらのラパラCD9パールホワイトの回収にも成功した。
滅多に来ない干潮の松原漁港。
と、ヒラマツの目が港内南側の堤防に釘付けに!
 「おおっ、こ、これは!?」 \(・o・)/


これまで松原漁港に来るのはほとんど満潮時で堤防下の石積みが水面下にあった。
その際(きわ)にルアーを通してニバイを狙っていたのだが、さらに一段下にプチリーフが!



大潮の干潮時には港外まで延々200m以上(?)続くプチリーフエッジを歩いて攻める事ができる。


出るは出るは!ここぞという岩陰にグラブを通すとググンッとアタリが!
13・14・14・17・18・20・20cmのニバイ7匹ゲット!
寝姿の女神もご照覧あれ ((o( ̄ー ̄)o))

ラストチャンス p(^-^)q
11月6日(月)
11:45am
先週の月曜日から8日連続(一回だけ f(^_^; 30分遅れで)
どんなもんだいノープロブレムの5時起きだっ!((o( ̄ー ̄)o))
何だかんだで釣りはこれが最後で昼からは撤収作業に入る。
予報は晴れで気温は20℃ちょいあり風も冷たくはない。

最後の釣りの舞台は松原漁港。
AK柴はいつものスロープ、ヒラマツは漁港出入口の駈け上がりで勝負をかける。
AK柴はミノー、ヒラマツはペンシルベイトだ。
何も無いまま日の出を迎え・・・(^_^;))) 「終わったか?」
と弱気になった時、駈け上がりから浅場に入ったヒラマツのペンシルベイトにバシャッ!
ググンッと強いアタリが!ギラギラと暴れ輝く銀色の魚体を寄せて網に取り込むと・・・ロウニンアジ38cm。

 
美くすぃ〜〜(*^^*) 38cmのロウニンアジ(たぶん?) SAMMY 1/2oz(くらい?) でゲット!
うれしす!今回AK柴のミノーに圧倒されたけどペンシルベイトは格別っす!

ヒラマツ会心のラストフィッシュだ!o(*⌒―⌒*)o
意気揚々スロープ横の車に戻ると、何やらAK柴がしゃがみ込んでゴソゴソ?


う〜ん釣ってたか!AK柴ラストフィッシュは23cmのコトヒキ。
根掛かりから生還したラパラCD9パールホワイト+α 強し!