NEWSスクランブル ありとありゆるネタをいれてみました!
  なんでも
情報        
   
最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。

  11月の日本記録
 イベント情報
   JGFA


11月の日本記録
11月の「JGFA日本記録審査委員会」が2日(火)に行われました。
今月の審査委員会で、新たに 9件の日本記録が誕生しました。
中でも出色はジュニア会員の原崎未紗都さん(15=静岡県) が、
御蔵島沖で釣り上げた78.5kgのキハダ。
 
「糸がどんどん出ていくし強い力で引っ張られて、
 自分の体が浮いて怖かったです」 と未紗都さん。
この日、三宅島の阿古港では2.48kgのイシガ キフグもゲット。
こちらでも強い引きを楽しんだとか。

神奈川県剣崎沖では服部名人杯のワラ サ大会に参加した、
古宮美祐加さん(10=調布市) が釣り上げた、
2kgのホシザメが日本記録になっ ています。
 

一方、北海道音別川では紋別郡に住む片岡鉄也さん(39=公務員)
がフライで釣った アメマス(イワナ)4.85kg(2kgティペットクラス)が記録となりました。
 
片岡さんは今季70cm以 上を200尾強釣り、80cm以上は10尾。
その内の1尾がこの魚でした。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/record/index.html

タグ&リリースしたヒラメが
  1年ぶりに再捕!

昨年(2009年)の9月に千葉県飯岡沖でタグ&リリースしたヒラメが、
ほぼ1年後の今年9月29日 に茨城県波崎沖(40m)で再捕されました。
 
大会に参加した有坂英さん(会員外)が釣った全長 29pのヒラメを、
有坂さん了承の下、岡田順三会長持参のタグを打ってリリースしたものでし た。
「JGFA主催・服部名人杯・ヒラメオープン大会」で釣られたヒラメは、
63人参加で227尾に達し、そのうち、タグ&リリースされたのはジャスト50尾。
そのタグ&リリースされたヒラメのうちの1尾でした。
この再捕によって、29pの「ソゲ」クラスのヒラメが1年間で48pに成長し、
立派な成魚 になったことが分かりました。
ちょっと待てば、ヒラメは大きくなって戻ってきてくれます。
これでまたひとつ貴重なデータが得られました。

第13回 湾!GUN!シーバストーナメント参加者募集中!
JGFAライトタックルサーキット・関東・2010の第6戦(最終戦)で、12月5日(日)開催。
バーブレスフック、オー ルタグ&リリース、トーナメントエリア限定の、
オールトップ・ミノープラグキャステ ィングトーナメントです。
大会エリアは東京湾の横浜港〜川崎大師運河まで。
大会本部は横 浜・鶴見区生麦のシーバスキャプテン発着所。
1チーム2〜5人でのチーム単位参加で、募集人 員は40人。
参加費は1人8500円。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=770

集まれゲームフィッシャー!(JGFA新春パーティー)
毎年恒例の「集まれゲームフィッシャー!新春の集い」が2011年1月29日(土)に、
JR山手線・ 大塚駅南口のホテルベルクラシックで開催されます。
JGFAの会員でなくても参加OKのカジ ュアルなパーティーです。
参加費5000円。
このパーティーでJGFA入会を希望者すると入会金 が無料になる特典もあります。

シーバスフォトコンテスト締め切り迫る!
終了は11/30(火)です。
日本を代表するゲームフィッシュ、シーバス。
このゲームフィッシュのすばらしさ、貴重さを日本全国のシーバスアングラーと共感し、
いつまでもシーバスフィッシングが楽しめるこ とを願って、
オールリリースのフォトコンテストを開催しています。
審査はスズキ1尾の叉 長を対象とします。
期間中にルアー、フライ部門とも個人の最大叉長のもの1尾が対象です。
ただし、地区が異なればそれぞれにエントリー可能とします。
なお、昨年のルアー部門で全 国優勝したのは河本宏和さん(サバロ所属)です。
東京湾で釣った叉長91.5cmでした。
表彰 はブロック、ルアー、フライ別、男女、ジュニア…各部門賞の他、
応募者全員の中から10人 に豪華賞品が当たる抽選もあります。
締め切りまであとわずかです。
 
 昨年全国優勝の河本さん。91.5cm

★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=758

ICCAT(大西洋まぐろ類保存国際委員会)に
  大西洋クロマグロの産卵場保護を提案

IGFA(本部:米国フロリダ)は、
11/17からフランス・パリで開催中のICCAT国際会議に、
資源減 少が危惧されている大西洋クロマグロについて、
メキシコ湾と地中海の産卵場保護を提案しました。
JGFAもこの提案に賛同し、両団体連名で提案することになりました。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=777

12月のJGFA日本記録は?
11月の「日本記録審査委員会」では、
既報の通りジュニア会員の原崎未紗都さん(15=静岡 県)
が御蔵島沖で釣り上げた78.5kgのキハダをはじめ、9件の日本記録が誕生しています。
そ して、目前に控えた12月の審査候補として挙がっているのが、
高知県で釣れた40kgのアカメや、大分県・大野川で上がった11.90kgのスズキ。
また、幸運の女神がのり移った?ジュニア会員 の原崎未紗都さんは、
今回160.50kgの大型クロカジキをゲットしています。
さて、12月の日本記録はどの魚が…。
★日本記録に関しての情報はこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/record/index.html

NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

トラウトチャンピオン
第一戦速報
菊田選手また優勝
 

11月21日土浦市のフィッシングJにおいて、トラウトチャンピオンシリーズ
第一戦が行われた。しばらくぶりの暖かな1日であったが、釣りには厳しい
無風、ピーカンの状態。モンゼツ、屍るいるいの予選であった。

予選トップ通過の杉田選手にたいして、王者菊田選手が決勝で猛チャージ!
逆転優勝を飾ったのであった。3位には、お子さんの見ている前でみごと
3位に入賞した山中選手。子供達へのよき手本(?)となったのであった。

 


 大会結果など
イベント情報
  JGFA


10月26日(火)に服部善郎氏のIGFA 殿堂入りセレモニーがアメリカ・フロリダ州のIGFAの釣り殿 堂ホールで開催されました。この名誉ある授賞を国内でもお祝いしようと、来年1月29日(土) に「服部名人のIGFA殿堂入りを祝う会」を催すこととなりました。会場は東京プリンスホテ ル(東京都港区)です。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=767

  IGFA 殿堂入りの服部善郎氏
服部名人杯・沖釣りサーキット第4戦
  カワハギ大会(最終戦)参加者募集中

【沖釣りサーキット】は「沖釣りもIGFAルールで」という、
服部善郎名人の発案で始まったイ ベントで今年5年目。
2月のアマダイ、5月のマダイ、10月のワラサ大会に続き、
今年度最終の4 戦目が12月12日(日)に開催されます。
この沖釣りサーキットではエサ釣りだってIGFAルールで認められること、
末永く沖釣 りを楽しむために釣果の規制(バッグリミット)
が必要だということをアピールしようという のが目的です。
JGFA会員の他、会員の家族、友人、一般の釣り人もどうぞ奮ってご参加くだ さい。
大会の後には服部名人を交えての懇親会も開催致します。

 
  昨年の大会で活躍の木戸口さんファミリー

★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=766

第2級海上特殊無線技士養成講習会(軽減)開催
昨年の末に出力25Wの「国際VHF無線」を小型船舶に導入するための規定改正案がまとま り、
従来は開局が難しかった小型船舶もこの無線を簡便に開局し使用できるようになりまし た。
今回の講習会は第3級海上特殊無線技士の免許保持者限定のもので、
11月27日(土)の会場は東京都中央区「日本フィッシング会館」。
受講料は3万円です。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
【11/27(土) 東京・日本フィッシング会館会場】
 http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=754

第13回湾!GUN!シーバストーナメント参加者募集中!
JGFAライトタックルサーキット・関東・2010の第6戦(最終戦)で、
12月5日(日)開催。
バーブレスフック、オー ルタグ&リリース、
そして トーナメントエリア限定の、
オールトップ・ミノープラグキャステ ィングトーナメントです。
大会エリアは東京湾の横浜港〜川崎大師運河まで。
大会本部は横 浜・鶴見区生麦のシーバスキャプテン発着所。
1チーム2〜5人でのチーム単位参加で、募集人 員は40人。
参加費は1人8500円。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=770

JGFA事務局の住所訂正お願い
JGFAは既にお伝えしていますように今年6月、
事務局がこれまでの東京都渋谷区恵比寿から、
東京都中央区八丁堀の新事務所に移転しております。
新事務所は日本フィッシング会館4Fで、
日本釣用品工業会(5F)や日本釣振興会(3F)と同じビル内です。
お近くに来られることがあり ましたら、ぜひお立ち寄り下さい。
お待ちしています。
なお、一部ではありますが、
郵便物の中で旧住所のまま送られてくるものがあります。
ダイ レクトメールなどの宛名を再度ご確認頂き、
ご訂正をお願い致します。
【新住所】
〒104-0032 
東京都中央区八丁堀2丁目22番8号 
 日本フィッシング会館4F 
   JGFA事務局

NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/