NEWSスクランブル ありとありゆるネタをいれてみました!
  なんでも
情報        
   
最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。

 イベント情報
   JGFA


【第33回JGFA定例総会開催】
3月13日に予定されていた「第33回JGFA定例総会」は、
2日前の11日(金)に起こった東日本大震災のためやむなく延期、
4月12日(火)午後に改めて開催されました。
日本フィッシング会館6階で議案審議が行われ、
役員改選案を含む7つの議案すべてが承認されました。
 
この結果、前副会長の長鋪毅一郎(ながしき・きいちろう)氏
(50=広島県福山市)が会長に就任し、
前会長の岡田順三氏は名誉会長となりました。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=835

【オールタックル・レングス・レコード新設 】
アメリカのIGFAでは、今年1月からキャッチ&リリースを前提にした、
長さだけの記録部門を新たにスタートさせました。
これは、資源保全のムードが高まりつつある今日、
「釣った魚を記録申請したい、でも、リリースして資源保全に貢献したい」
というアングラーの要望を形にしたものです。
採用のルールはもちろんIGFAルールですが、この部門に申請した場合、
他の重さのカテゴリーには同時申請できない特有のルールや、
専用メジャーを使って測るなどの規定があります。

【魚体写真の取り方】
まずはじめに、IGFAの専用メジャーで魚体全体の写真を撮り (中央)、
次に、吻端部分を含む顔周りの写真(左)を撮ります。
そして、最後に尾ビレ末端の、叉長の目盛り位置が分かる写真(右)を撮ります。
申請にはこの3枚の写真が不可欠です。

 
【IGFA専用メジャー】
IGFAのオールタックル・レングス・レコードの申請には、
この専用メジャーが必要です。
これ以外のメジャーでは申請は受付けられません。

JGFA会員が申請する場合には、
会員外だと65ドル掛かる申請料は無料となる特権があります。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
 http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=833


NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

世界記録かヒラスズキ10.91kg
 イベント情報
   JGFA


 10.91kgのヒラスズキ世界記録申請中!
4月の日本記録審査委員会が5日(火)の夜に行われました。

 
今回は兵庫県尼崎市の稲田順一さん が釣り上げた18.00kgのコイや、
ジュニア会員の石田望さん(15=大阪府豊中市)が、
与那国島で上げたオオウナギ(2.90kg)など、
計8件の日本記録が新たに誕生しました。

その一方で、IGFA世界記録申請中の魚も1件候補に挙がっています。
千葉県勝浦の磯で地元勝 浦市に住む井上友樹さん(27=会社員)が、
2月10日に釣った10.91kgのヒラスズキがそれです。
  
オールタックル&ラインクラス部門の日本記録としては、
2006年1月に同氏が、やはり勝浦の磯でゲットした9.66kgがあり、
井上さんにとっては5年1カ月ぶりに記録を塗り替えたことになります。
また、ラインクラス部門では井上さんの10kg(20LB)ラインクラスでは、
2004年 10月に長崎県宇久島で釣れた7.50kgがありますが、
井上さんの魚はこの記録を更新しています。
それらによってIGFAのオールタックル部門、
ラインクラス部門での記録になりそうで、
世界記録審査の可能性もあり結果が今から楽しみです。

【お知らせ】
世界記録にも相当する日本記録の審査が変わりました。
JGFA世界記録に相当するJGFA日本記録に関しては、
今後IGFA側の世界記録審査結果をもって日本記録を判断する方向と なりました。

NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

東日本大震災支援イベントも!
 イベント情報
   JGFA


【東日本大震災義援金募集
  および災害緊急連絡室設置】のお知らせ。

このたびの未曾有の地震災害によって被災された皆様に、
謹んで心よりお見舞い申し上げます。
JGFAでは当協会として、
 「できる限りのご支援を」
 「一日も早い復興を」 の気持ちをこめて、
被災 された会員を含む多くの皆様へ義援金の募集を呼びかけています。
また、被災された地域の会員の方々の安否も気掛かりでなりません。
そこで、JGFA事務局に【災害緊急連絡室】を設け、
当該地区の会員の皆様の安否、
ならびに会員の皆様の被害状況について情報収集をしています。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
 http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=827

【JGFA ポロシャツプレゼント・キャンペーン】
  4月30日まで実施中!

 
日本記録や世界記録の申請や、年鑑、会報、
さまざまなイベント案内が送付されるなど、
釣りと魚を愛する人たちにお薦めする、
メリットいっぱいのJGFAにご入会しませんか。
4月30日までにご入会の方へ、
JGFAロゴ入りポロシャツを無料でプレゼント中です。
さらに入会金が無料で、
年会費のみで入会できる特別キャンペーンを実施します。
このビッグチャンスにぜひ、JGFAにご入会 ください!
★JGFA入会に関して詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  https://www.jgfa.or.jp/about/entry/index.html

JGFA沖釣り同好会
【東日本大震災支援マダイ釣り大会】
  参加者募集中!

このたびの東日本大震災では多くの方が被災され、
また被害も甚大となっておりますが、
JGFAでは この災害支援のために、
4月9日(土)、予定通り大会を実施します。
今年初めての沖釣り同好会で、開催地は神奈川県久里浜沖。
船宿は「ムツ六」でコマセを使って狙うマダイ大会です。
 
IGFA釣りの殿堂入りを果た した、
服部善郎名人(JGFA名誉会員)も参加の予定です。
ゲームフィッシュ(釣り対象となる魚)資源を守りながら、
釣りを行うためのもっとも効果的な手段として、
「バッグリミット」(持ち帰る尾数 ・サイズの自主規制)
を提唱することもこの大会の大きな目的です。
★JGFA会員でなくても参加OKです。
  この機会にマダイの大物とファイトしてみませんか。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=818

JGFA後援
【東日本大震災支援としてのサバロ・カップ】
  参加者募集中!

春の東京湾シーバス大会「サバロ・カップ」は、
東日本大震災に関して熟慮の結果、
「東日本大震災支援としてのサバロ・カップ」として、
4月17日(日)に予定通り開催することに致しました。
今大会は単に釣りを楽しむだけではなく、
被災者に対する支援のためにも開催したいと思っています。
副賞等にあてる予算、会場での募金、
関係するボートショップ様等への募金依頼により、
被災者への募金支援を行うとともに、
開催することによって、
大震災後のフィッシング環境を、
早く通常の状態にしたいと願っております。
参加費は1人8,000円。
第15回記念大会特典で、女性の参加費は特別割引の6,000円です。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=832

服部名人杯・沖釣りサーキット第2戦
【剣崎沖マダイ大会】参加者募集中!

 
JGFA服部名人杯・沖釣りサーキットの第2戦は、
乗っ込み中の大型マダイを対象に5月22日に(日)剣崎沖で行います。
JGFA会員とその友人、ご家族であればどなたでも参加できます。
ただし、人数に限りがありますの > でお申し込みはお早めに!
釣宿は神奈川県松輪港・船宿「大松丸」
TEL:046-886-1244=出船は5:30です。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=816

【JGFAイヤーブック】
  4月下旬発行予定

 
NPO法人JGFA「イヤーブック2011年版」が、
いよいよ4月下旬に発行されます。
創設33年目を迎えたJGFAでは、会員はもとより、
釣り人やマリンレジャーに興味を持つ多くの方々に、
JGFAの活動内容を知って頂こうと作成するものです。
主な内容は「JGFA日本記録全リスト&結果リポート」など、
日本 ・世界記録はじめJGFAが推奨する「バッグリミット」や、
「タグ&リリースの効果」「キャッチ&リ リース
」「ジュニア育成事業」など内容は盛りだくさん。
また、2011年2月から3月に掛けて、
アメリカの遊漁システム調査で渡米した、
水産庁の初代釣人専門官の櫻井政和さんと、
現・釣人専門官の山崎雄一郎さんとの、
2人による興味あるリポートも紹介します。
A4判、200nを予定しています。

NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

 チヌゲーム初心者歓迎!
 ガイドサービス開始
    by 胤森直義

 こんなん釣れます!(・・・釣れるかも!?)
オカッパリガイドサービス開始のお知らせ!
私の個人的な問題等で、お知らせが遅れていました、
「初心者向けオカッパリガイドサービス」 ですが、
健康面等の問題もメドが付きましたので、
お問い合わせ、お申し込み受付を 始めたいと思います。
簡単ですが、要項をご案内致しますので、
多くの方のご利用お待ち致しております。

日時
4月より、平日〜週末に関わらず、可能日は受付致します。
17時〜20時頃より2時間程度。

ガイド可能場所
放水路、天満川、千田町合流点をメインにした市内各河川。
釣り場について
放水路=若干根掛かり多いも、チヌ&キビレ魚影はAクラス。
天満川=根掛かり少な目で、魚影もそこそこ。初心者向け。
千田町合流点=干潮時は苦しいので、タイミングがキモになります。
その他の場所にも、可能な限り行かせて頂きますので、ご相談ください。
  ※送迎は致しません、現地集合、現地解散とさせて頂きます。

ガイド料金
基本料金=2時間程度/お一人様¥3500(税込)
  ※上記の釣り場での場合。
   その他場所、時間延長等のオプションは応談。
    (別途料金を頂く場合もございます)
  ※釣り場のキャパシティにもよりますが、
   1名様、2名様が理想的と思います。

ガイド可能日
随時希望日をお知らせ下さい、なるべく対応致します。
梅雨入り前までは、夕方〜日没がオススメです!
  ※雨が確実な状況では中止とさせて頂きます。

ご連絡方法
<メール>  n.scraft-lures@kss.biglobe.ne.jp まで。
  ※お急ぎで無い場合はなるべくメールをご利用ください。
< 携帯> 09028675291
 お問い合わせ受付時間はAM11:00〜PM6:00頃まで。
 ※番号非通知、一部通知不可は受信出来ません。
  指定時間外のお電話は 出れない時が多いと思います。
  ガイドご利用を前提としたお問い合わせ以外=ビジネス勧誘、
  単なる釣況の問い合わせはお断り致します。
 ※製作作業中は、工程によっては出れない時もございますが、
  折り返しの 電話は致しませんので、お手数ですが、
  お掛け直し頂きます様お願い致します。
  ※コストをカットして、
   極力安価にてサービス提供を目指しておりますので、
    ご理解お願い致します。

その他お知らせ
@基本的に、
 初心者の方を対象にしたチヌラバゲームを前提としております ので、
 その他の釣法についてはケア出来ません。
A時間帯を鑑みて、未成年者を含んだガイドは一切お断り致します。
  ※保護者同伴も含ませて頂きます。
B立ち入り禁止場所でのガイドは、一切お断り致します。
C安全面を考慮して、ウェーディングは一切致しませんのでご了承お願い致します。
  ※干潮時に、干潟を歩く程度の事は有ります。
Dタックル等は各人ご用意ください。
その他、ご不明な点はお気軽にご連絡下さい。
多くの方々にご利用頂きたいと思いますのでよろしくお願い致します。
                  胤森直義