NEWSスクランブル ありとありゆるネタをいれてみました!
  なんでも
情報        
   
最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。

残暑を吹き飛ばす!
イベント情報

  JGFA


【東日本大震災復興支援カジキ釣り大会(第33回国際カジキ釣り大会)】
7月24日(日) 、静岡県下田港をベースにトローリングの祭典、国際カジキ釣り大会が開催され、93チーム436人の手が参加しました。

 被災した宮城県・塩釜、岩手県大船渡の、
 「さんりくグランダーズ」のメンバーが、
 苦難を乗り越え参加してくれました。

台風6号の影響で北東風が強く、初日・2日目は残念ながら中止になりましたが、
最終日の3日目には海が穏やかになって決行することができました。
昨年の大会では3日間で52 尾のカジキが上がっている上、
黒潮の流路などから今年も大いに期待しての大会です。
しかし潮の加減なのか、参加艇からのヒットコールがあるものの、
バラシが目立ち、結果的には2尾でストップ フィッシング。
朝方、2番目のストライクをチーム江戸徳が取り、
50ポンドラインで推定重量100kg のクロカジキへのタグ&リリースに成功!
見事ファーストマーリンポイントも獲得しました。
また、 ストップフィッシング前の午後1時半過ぎには、
HOUTA(ホウタ)がカジキをストライク、これもタ グ&リリースに成功。
50ポンドラインで推定重量は80kg。
アングラーは女性で、共に釣り場は石廊 崎沖のイカ場でした。
結局、第33回JIBTは1日間のみで2尾。
優勝はチーム江戸徳でした。
今大会に大震災の被災地、宮城県塩釜市から、
「応援ありがとう」の横断幕を掲げて参加したのは、
「さんりくグランダーズYS−V」(佐藤裕也キャプテン)チーム。
「JGFAの仲間から日本赤十字社を通 して多額の義援金を寄せて頂いたお礼と、
 この大会に出るのを励みにして参加しました」 とクルー たち。
東日本大震災復興支援カジキ釣り大会として開催された今大会では、
おかげさまで700万円ほどの義援金が参加チーム、関係各位様より寄せられました。
ありがとうございました。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail_k.html?LM_NWS_ID=28

【第6回御前崎ライトタックルトーナメント
  (LTサーキット東海第1戦) 8/21(日)開催】
   参加者募集中!

「いい釣りをいつまでも!」のJGFA理念に基づいて1匹の魚を大事に釣ること、
釣れてくれた魚に感謝することを忘れずに、
ルールやマナーを守って行うのがこの大会の目的です。
この時期の静岡県御 前崎沖ではワラサが中心で、
これら青物や底物を対象に開催します。
昨年は良型のワラサが7尾上 がり、このうち4.4kgを釣り上げた人が優勝。
他魚の部を飾ったのは22.33kgのクエでした。
さて、今年はどんな大物が出ますでしょうか?
★大会要項
【開催日】:2011年8月21日(日) 受付開始は午前5時。       
       スタートフィッシング=午前6時半、ストップフィッシング=午後1時
【開催地】:静岡県 御前崎港 
【エリア】:御前崎沖周辺海域
【参加費】:13,000円 (船代含むその他の費用として)
【募 集】:60名 
【釣 法】:ルアー・フライによるキャスティング&ジギング
【表彰式】:表彰式&抽選会は午後3時から
【表 彰】:青物部門1、2位、底物部門1、2位、他魚(サメ、エイを除く)1位
▼申し込み締め切り:7月29日(金)
  参加申し込み先は事務局 担当・清水。
  受け付けはメールのみ。
  メールアドレス:lighttackle-omz@shizuoka.tnc.ne.jp

【第14回由比シイラトーナメント
  (LTサーキット東海第2戦) 8/28(日)開催】
   参加者募集中!

静岡県由比沖一帯海域のシイラを対象として、
主にルアーによるキャスティング&ジギングで 狙うトーナメント。
8/21(日)に開催する、第6回御前崎ライトタックルトーナメントに続く、
LTサ ーキット東海の第2戦です。
IGFAルールによる大会で、バッグリミットは2尾。
★大会要項
【開催日】:2011年8月28日(日) 
【開催地】:静岡県 由比港 
【エリア】:由比沖一帯海域
【参加費】:15,000円 (船代含むその他の費用として)
【募 集】:100名 
【審 査】:シイラ1匹の叉長。
【表 彰】:上位5名、およびレディース1位、他魚の部1位を表彰
▼申し込み問い合わせは事務局 グルーパーボーイズ・永井真人さん。     
  TEL 090-3552-7910  FAX 0538-30-7575

【新刊紹介】
JGFA顧問・中村泉先生の「マグロ学」

JGFA設立当初よりJGFA顧問として当協会の活動をご理解いただき、
ご支援いただいております中 村泉(なかむら・いずみ)先生が、
このほどご自身のライフワーク、マグロ研究を一冊の本にまとめ られました。
世界のマグロ研究の第一人者であり、JGFAイヤーブックにも、
マグロやカジキの分類 に関しての解説記事を寄せていただきました。
「マグロ学」は、単にマグロの分類や生態という魚 だけの話ではなく、
マグロ研究を通して中村先生が生きてきた道 と、
その生き方までもが語られてい ます。
講談社刊、240n、定価は本体税別2,200円。(税込2,310円)
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=863

【第2回柏崎市・夕海(ゆうみ)釣り大会】
   参加者募集中!!

新潟県柏崎市番神の地先に延びる、
柏崎港西堤防の釣り場部分開放イベントの一環として、
9月24日(土)に開催される大会です。
釣りは陸釣りコースと船釣りコースに分かれて行われます。
この西堤防は全長2.3kmあり ますが、
今回の釣り場となるのは堤防入場ゲートから400mの範囲で、
沖釣りは柏崎沖を予定してい ます。
柏崎港西堤防や沖一帯ではマアジ、イナダ、クロダイ、
マダイ…対象魚も多彩で良い成績が 望めそうです。
陸釣りは定員100人、船釣りは50人限定ですので、
定員になり次第受け付け終了します。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=867

【東日本大震災復興支援・JGFA服部名人杯
  沖釣りサーキット第3戦&オープン・ヒラメ大会】
   参加者募集中!

JGFAが主催する服部名人杯沖釣りサーキット第3戦は、オープン大会と合わせて、
千葉県飯岡沖のヒラメを対象に9月25日(日)に開催します。
外房では大原、勝浦と肩を並べるヒラメの宝庫。
数が望めるだけでなく、 ジャンボが飛び出すのも夢ではありません。
この大会はIGFAルールで行い、また、
バッグリミット やサイズ制限もありますが、これもゲームの内。
楽しい一日にしたいと思います。
JGFA会員だけで なく一般参加者も募っての大会です。
ぜひお気軽にご参加下さい。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=856

【JGFAシーバス・フォトコンテスト2011】
  今秋(10/1〜11/30)開催!!

日本を代表するゲームフィッシュ「シーバス」。
このゲームフィッシュのすばらしさ、貴重さを、
全国のシーバスアングラーと共感し、
いつまでもシーバスフィッシングが楽しめることを願って開催 する、
オールリリースのフォトコンテストです。
参加費は無料。
ルアーとフライ部門があります。
上 位入賞者&抽選で10人に協賛各メーカーからの賞品が贈られます。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=859

NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/