NEWSスクランブル ありとありゆるネタをいれてみました!
  なんでも
情報        
   
最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。

世界記録・日本記録
イベント情報

  JGFA


【10.91kgのヒラスズキ、マハタの120kgが世界記録に認定】
9月の日本記録審査委員会が6日(火)に行われました。
今回は、IGFA世界記録に申 請中だった、
千葉県勝浦市の井上友樹さん(27=会社員)が2月10日に釣った、
10.91kg のヒラスズキはじめ5件が認定されました。
また、日本記録としては、神奈川県川 崎沖で、
レインボーキャブ所属の北川真理さんがフライで釣ったクロダイ(1.85kg) や、
神奈川県城ケ島沖で秋山凱(かい)君(13=東京都大田区)が、
オキアミ餌で上げ たヒラメ(7.26kg)など計29件が認定されました。

●世界記録
【10.91kgのヒラスズキ】
 
岸(磯)釣り/男性 ヒラスズキ部門のヒラスズキが出 色です。
勝浦市の磯で井上さんが釣ったのは10kg超級のヒラスズキ。
オールタック ル部門の日本記録としては2006年1月に同氏が、
これも勝浦の磯でゲットした9.66kg があり、
本人にとっては5年1カ月ぶりに記録を塗り替えたことになります。
また、 岸(磯)釣り/男性の10kg(20LB)ラインクラス部門では、
2005年2月にやはり勝浦 の磯で鈴木啓之さん(TEAM KANEKEN所属)が釣った、
9.30kgが認定されていますが、 井上さんの魚はこの記録を今回更新しました。

【120kgのマハタ】 

オールタックル部門。
2011年4月25日に沖縄県与那国島沖で釣った120kgのマハタが認定されました。
静岡県沼津市の吉田幸治さん(44=Team 立釣魂会長)が、
PEライン8号(強度=60kgラインクラスに相当)を使用での快挙です。

●日本記録
【1.85kgのクロダイ】
 

フライ/海水/女性部門。
アングラーのレインボーキャ ブ所属・北川真理さんはフライ釣りが大のお気に入り。
これまでにも、スズキ、 メジナを含めて上げた魚を次々と申請してきましたが、
このたび神奈川県川崎沖 でが釣ったクロダイが日本記録に認定されました。
(フライ/女性の6kg=12LBテ ィペットクラス)

【7.26kgのヒラメ】 

ジュニア/男性部門。
神奈川県城ケ島沖で開催(小網代・丸 十丸)された、
都内・立正中学校釣りクラブの釣行会に参加した大田区の秋山君が 釣り上げました。
イワシ餌ではなく、ハリにたった1匹掛けたオキアミ餌でのゲッ ト。
「夏ビラメのため全長の割に重量がなかった」とは小菅裕二船長。
しかし、 初めて釣った大物に秋山君はうれしさいっぱい、すっかり釣りにハマった様子です。

【お知らせ】
世界記録にも相当する日本記録の審査が変わりました。
JGFA世界記 録に相当するJGFA日本記録に関しては、
IGFA側の世界記録審査結果をもって日本 記録を判断する方向となりました。
★日本・世界記録に関してはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/record/index.html

【東日本大震災復興支援・JGFA服部名人追悼
  沖釣りサーキット第3戦&オープン・ヒラメ大会】
   参加者募集中!

JGFA名誉会員の服部善郎氏が病のため82歳でこの世を去りましたが、
9月25日(日)に予定 されていました服部名人杯沖釣りサーキットは、
「服部名人追悼大会」として実施 することになりました。
奮ってご参加下さい。
この服部名人杯沖釣りサーキット 第3戦は、オープン大会と合わせて、
千葉県飯岡沖のヒラメを対象に開催します。
外房・大原、勝浦と肩を並べるヒラメの宝庫で、
既に数釣りが始まっています。
また、数が望めるだけでなく、ジャンボが飛び出すのも夢ではありません。
11日には現地でスポニチ&バリバス社共催の大会が行われましたが、
釣果は上々で4.3kgを釣り上げた人が優勝しています。
 
  4.3kgの大物で優勝の平田さん。

服部名人追悼大会はIGFAルールで行 い、また、
バッグリミットやサイズ制限もありますが、これもゲームの内。
服部 名人を偲びあいながら一日を過ごしたいと思います。
JGFA会員だけではなく一般 参加者も募っての大会です。
ぜひお気軽にご参加下さい。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=877

【第2級海上特殊無線技士養成講習会(軽減)】
 10/29(土) 都内で開催!

あらゆる船舶間で利用できる無線の「船舶共通通信システム」が規制緩和され、
出力25W以下の「国際VHF無線」が簡便に開局できるようになりました。
この「国際VHF無線」を運用するために、
「第2級海上特殊無線技士」以上の免許が必要です。
JGFAでは「第3級海上特殊無線技士」の資格保有者を対象に、
第2級に ステップアップするための「養成講習会(軽減)」を開催。
1日7時間(法規4時間、工学3時間)の講習の後、
修了試験を行い国家資格が取得できます。
このチャンス、 絶対に見逃せません。
会場は東京・八丁堀「日本フィッシング会館」8階で、受 講定員は40人です。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=879

【JGFAシーバス・フォトコンテスト2011】
 今秋(10/1〜11/30) 開催!!

日本を代表するゲームフィッシュ「シーバス」。
この魚のすばらしさ、貴重さを 全国のシーバスアングラーと共感し、
いつまでもシーバスフィッシングが楽しめ ることを願って開催する、
オールリリースのフォトコンテストです。
参加費は無料。 ルアーとフライ部門があります。
上位入賞者&抽選で10人に協賛各メーカーからの賞品が贈られます。
 
   優勝スズキトロフィー

★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=875

NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

イベント情報
  JGFA


JGFA名誉会員の服部善郎氏が8月22日(月)午前、すい臓がん のため神奈川県茅ケ崎市のご自宅で逝去されました。ここに謹んでお悔やみ申し上げます とともにお知らせ申し上げます。

  在りし日の服部名人
【服部善郎JGFA名誉会員の葬儀・告別式】
JGFA名誉会員の服部善郎氏(享年82歳)の葬儀・告別式が、
8月25日(木)・26日(金)、神奈川県藤沢市 内の斎場で執り行われました。
通夜、告別式にはJGFA会員始め、新聞・雑誌社、釣 り業界・メーカー、
遊漁船関係者、一般など2日間で約380人が列席、故人を偲びま した。
告別式ではJGFA岡田順三名誉会長らが、弔辞、服部名人を悼みました。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=886

東日本大震災復興支援
  JGFA服部名人追悼沖釣りサーキット第3戦
  &オ ープン・ヒラメ大会】 参加者募集中!

さて、すでに予定されていた9/25(日)の服部名人杯沖釣りサーキットは、
「服部名人追悼大会として実 施致することになりましたので奮ってご参加下さい。
この服部名人杯沖釣りサーキット第 3戦は、
オープン大会と合わせて、千葉県飯岡沖のヒラメを対象に開催します。
外房では大 原、勝浦と肩を並べるヒラメの宝庫で、既に数釣りが始まっています。
また、数が望める だけでなく、ジャンボが飛び出すのも夢ではありません。
大会はIGFAルールで行い、また、 バッグリミットやサイズ制限もありますが、
これもゲームの内。
服部名人を偲びあいなが ら一日を過ごしたいと思います。
JGFA会員だけではなく一般参加者も募っての大会です。
ぜひお気軽にご参加下さい。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=877

【第9回ロックフィッシュトーナメント
  復興支援大会in室蘭】 結果報告

平成23年7月9日(土)・10日(日)の両日、
北海道室蘭を舞台に9年目を迎えたRFT(ロックフィッシュトーナメン ト)が開催され、
前夜祭に90人、大会に136人が集合しました。
 
競技はルアー・ワームによるソイ・ アイナメのキャッチ&リリース大会で、
キーパーサイズはソイが25cm以上、アイナメは40cm以上。
ライブフィッシュ3匹の総重量で競うものです。
大会のベースとなったのは室蘭沖堤防。
豊かな自然に囲 まれた室蘭だからこそのアイナメキーパーサイズ(40cm)は、
全国稀にみる厳しいレギュレーショ ン設定でしたが、
多くの参加者がキーパーサイズの魚をそろえ、日頃の成果を発揮していました。
また、年々、女性の参加者が目立ってきているのもうれしい限りです。
今大会では東日本大震災の復 興支援として参加費の一部を義援金として、
室蘭市社会福祉協議会を通し被災地へ寄付をさせて頂 きました。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=873

【第15回 鳥羽ビルフィッシュトーナメント】
7月29日(金)〜31日(日)の3日間、三重県鳥羽市で、
「第15回 鳥羽ビルフィッシュトーナメント国際大会 2011」 が参加47艇で開催されました。
昨年は何と66尾という驚異的な釣果が記録されていますが、
今年は 大会エリアとなった大王〜安乗沖は水温の関係か水色が悪くカジキの追いは渋め。
そんな中、2日目 にファンタジアがライン30LBで、
推定100kgのクロカジキをT&Rして優勝を飾りました。

アングラーは ジュニアながら多くのカジキとのファイトを経験している、
ベテランの池田慎太郎君(14=愛知県半田 市)でした。
なお、今大会の釣果はカジキ6尾(T&R×2尾、キャッチ×4尾)、シイラ1尾。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=874

【第2回柏崎市・夕海(ゆうみ)釣り大会】
   参加者募集中!! 

新潟県柏崎市番神の地先に延びる柏崎港西堤防の釣り場部分開放イベントの一環として、
9月24日(土)に開催される大会です。
釣りは陸釣りコースと船釣りコースに分かれて行われます。
この西堤 防は全長2.3kmありますが、今回の釣り場となるのは、
堤防入場ゲートから400mkの範囲で、沖 釣りは柏崎沖を予定しています。
柏崎港西堤防や沖一帯ではマアジ、イナダ、クロダイ、マダイ等々…、
対象魚も多彩で良い成績 が望めそうです。
陸釣りは定員100人、船釣りは50人限定です。
定員になり次第受け付け 終了します。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=876

【第2級海上特殊無線技士養成講習会(軽減)】
   都内で10/29(土)に 開催します!

あらゆる船舶間で利用できる無線の【船舶共通通信システム】が規制緩和され、
出力25W以下の「国際VHF無線」が簡便に開局できるようになりました。
この「国際VHF無線」を運用 するために、
「第2級海上特殊無線技士」以上の免許が必要です。
JGFAでは「第3級海上特殊 無線技士」の資格保有者を対象に、
第2級にステップアップするための「養成講習会(軽減)」 を開催。
1日7時間(法規4時間、工学3時間)の講習の後、
修了試験を行い国家資格が取得で きます。
このチャンス、絶対に見逃せません。
会場は東京・八丁堀「日本フィッシング会 館」8階で、受講定員は40人です。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=879

今秋10月1日(土)〜11月30日(水)
【JGFAシーバス・フォトコンテスト2011】開催!!

日本を代表するゲームフィッシュ「シーバス」。
この魚のすばらしさ、貴重さを全国のシーバスアングラーと共感し、
いつまでもシーバスフィッシングが楽しめることを願って開催する、
オールリリースのフォトコンテストです。
参加費は無料。
ルアーとフライ部門があ ります。
上位入賞者&抽選で10人に協賛各メーカーからの賞品が贈られます。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=875
★シーバスフォトコンテストの窓口となるJGFAフレンドショップは、
  下記URLで確認できます。
 
JGFAフレンドショップとは http://www.jgfa.or.jp/friend_shop/index.html  
フレンドショップリスト http://www.jgfa.or.jp/friend_shop/list.html

【第3回湘南ライトタックルトーナメント】
   結果報告

第3回湘南ライトタックルトーナメント・東日本大震災復興支援シイラ大会が7月3日(日)、
神奈 川県平塚をベースに開催され、83人が参加しました。
天候は曇天でベタなぎ、シイラ釣りと してはまずまずのコンディションでした。
相模湾は今季、開幕から絶好調で当日も高活性で ヒットが連続しました。
その結果、キャッチ総数80尾で、叉長85cm(全長100cm)以上が24尾 でました。
そのうち女性も4尾キャッチしています。

表彰開場となった平塚市漁協市場では チャリティーオークション等を開き、
ここで得た収益は被災地への義援金としました。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=880

【第6回 御前崎ビルフィッシュトーナメント】
  8月19日(金)〜21日(日)結果報告

静岡県御前崎港を基地に、カジキを対象に37艇が参加して行われた。
例年よりも早 く訪れた秋雨前線で強い西南西の風が吹く中での開催でしたが、
各チームは駿河湾 中央部に位置する石花海(せのうみ)、
御前崎南の金洲、天竜川河口の沖などそれ ぞれの目標ポイントへ。
大会は2日間行われて、合計13ヒットを記録。
クロカジキの T&Rは4尾、ランディング2尾と上々の結果でした。
結局、2日目のファーストマーリ ンをゲットしてT&Rを決めた 「アイラッシュ」が、
2011年の御前崎ビルフィッシュト ーナメントのウイナーに。

《大会の結果》
1位 アイラッシュ(池谷公孝) 245.0P(クロカジキ&R、50LB、Fマーリン)
2位 月島みはらし(山崎一夫)  229.5P(クロカジキ153kg、50LB)
3位 ピラール  (木内智之)  195.0P(クロカジキT&R、50LB)
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=883

【第6回 御前崎ライトタックルトーナメント】
   8/21日(日)結果報告

今年もビッグゲーム(カジキ)との共同開催となりました。
静岡県御前崎港を基地 とする指定の海域で参加者62人が7隻に分乗し、
ルアーフライによるキャスティング &ジギングで行いました。

昨年は驚愕のクエ23kgが捕獲されたため、今年から底物 部門を新設しました。
主催者側ではJGFAの基本理念「良い釣りをいつまでも!」に 基づいて、
1匹の魚を大事に釣ること、釣れてくれた魚に感謝することを忘れず、
ル ールやマナーをイベントを通じて参加者に伝われば…の願いをこめての開催となり ました。
《トーナメントの結果》
◆青物部門 1位  西島謙一 ワラサ 4.80kg
◆底物部門 1位  吉野広紀  マハタ 6.10kg 特別賞 石橋一伸  サワラ 2.40kg 
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=885

NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

 平成23年度G杯地区予選会
 がまかつインフォメーション

    鰍ェまかつ


◆G杯予選会 結果報告◆
下記の通り大会を開催いたしました。
●7月10日(日)
『平成23年度 第33回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権 予選会 追分池会場』
 http://www.gamakatsu.co.jp/events/gcup/11tiku/110710heraoiwk.html

●7月12日(火)
『平成23年度第35回G杯争奪全日本アユ釣り選手権 予選会 神通川会場』
 http://www.gamakatsu.co.jp/events/gcup/11tiku/1100712ayuzintsuu.html

●8月28日(日) 
「平成23年度第10回がまかつチヌ前打ち・落し込み大会 結果報告」
  http://www.gamakatsu.co.jp/events/gcup/11tiku/110828otoshikomitinu.html

●8月28日(日) 
「平成23年度第33回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権 予選会 ひょうたん池会場」  
  http://www.gamakatsu.co.jp/events/gcup/11tiku/110828herahyoutanike.html

  株式会社 がまかつ
   兵庫県西脇市郷瀬町417
   TEL 0795-22-7392
   FAX 0795-22-8813

   
http://www.gamakatsu.co.jp