NEWSスクランブル ありとありゆるネタをいれてみました!
  なんでも
情報        
   
最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。

 9月の日本記録など
 イベント情報

   JGFA


【6.75kgのイワナ(アメマス)が日本記録に認定】
9月の日本記録審査委員会が4日(火)に行われました。今回は、7、8月と2カ月分の申請があってその数43件。役員は審査に大わらわでした。
▼男性の部 
イワナ(アメマス)6.75kg。
ルアーフィッシングで定評のある村田基さん
(JGFAアンバサダー、ウォーターランドクラブ代表)が、
北海道十勝郡厚内沖で釣り上げたイワナ(アメマス)2件。
1尾目の6.75kgは10kg(20ポンド)ラインクラスで上げた魚。
もう1尾は8kg(16ポンド)ラインクラスで釣った5.9kg。
ちなみに、6.75kgの魚は全長81cm、胴回りが48.5cmありました。

▼女性の部 

コイ8.75kg。
埼玉県さいたま市に住む不破博子さん (15=フィッシュ&フィンズ)が、
埼玉・新河岸川で釣りました。
グルテンの練り餌を使いブッ込みでゲット。
こちらは全長87cm、胴回り55cmの巨魚です。

▼ジュニア
 
ハマフエフキ4.90kg。
神奈川県横浜市に住む西野勇馬くん(14=ジュニアアングラーズクラブ)が、
夏休みを利用して父親と出掛けた伊豆大島での快挙。
夜行性の魚なので狙ったのは夜。
明るいうちに釣れた丸ソーダの切り身を餌に、
20号のオモリを付けてのブッ込み釣りでゲットしました。
詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/record/

【JGFA服部名人杯沖釣りサーキット第3戦
   & オープン・ヒラメ大会】
    参加者募集中!

JGFA主催の服部名人杯沖釣りサーキット第3戦は、
オープン大会と合わせて9/30(日)、
千葉県飯岡沖のヒラメを対象に開催します。
外房では大原、勝浦と肩を並べ るヒラメの宝庫。
数が望めるだけでなく、ジャンボが飛び出すのも夢ではあ りません。
この大会はIGFAルールで行い、
また、バッグリミットやサイズ制 限もありますが、これもゲームの内。
楽しい一日にしたいと思います。
JGFA 会員だけでなく一般参加者も募っての大会です。
ぜひお気軽にご参加下さい。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/event/p000303.html

【JGFAシーバスフォトコンテスト2012開催】
日本を代表するゲームフィッシュ「シーバス」。
このゲームフィッシュのす ばらしさ、貴重さを全国のシーバスアングラーと共感し 、
いつまでもシーバ スフィッシングが楽しめることを願って開催する、
オールリリースのフォトコ ンテストです。
期間は今秋10/1〜11/30。
参加費は無料です。
ルアーとフライ部門があります。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/event/p000300.html

【驚き!タグ付きカワハギが2回も再捕】
秋のカワハギ釣りが好機を迎え、各地がにわかに活気付いています。
そんな中、 タグ&リリース関連の話題が飛び込んできました。
神奈川県三浦市小網代の釣宿 「丸十丸」が放流したカワハギが2回も再捕されたのです。
丸十丸では釣り人が釣り上げた小型魚にJGFAの、
「アンカー式スパゲティータグ/黄色」を打って多数 放流しています。

移動や分布、成長といった魚の生態を知ることができるのが最大のメリットです。
また、将来、その魚の資源保全を果たすための有力な基礎デ ータともなります。
宿が2010年1月から2012年春までに放流した魚は計1668尾。
再捕数もこの期間で170尾マークされています。
その中の1尾が3回も人の手を通 して放流されたことが再捕データによって分かりました。
小網代湾で初回に放流 したのは2011年10月1日で、全長15.5cm。
その53日後の11年11月23日、同じタグ を付けた魚が18.5cmに成長して、
城ケ島西沖の水深40mで初回再捕されたのです。
その魚を船のイケスに入れて、同日小網代湾内で再放流しました。
その後、さら に291日後の12年9月9日には小網代沖で、
これまた同じタグを付けた魚が2回目の 再捕となったのです。
魚は22.5cmに成長していました。
結局、再再捕までの約1 年間で7cm育ったことがわかります。
 
また、宿の話によれば、これまでに再捕さ れた170尾は三浦市周辺だけでなく、
三浦半島東側や内房、相模湾の茅ケ崎、平塚 沖などでも…。
「放流した魚の再捕によって、
 越冬のため集団で移動する魚たちの経路を割り出 す糸口になるかも知れませんね」
とは小菅裕二船長。
シーズンインした今季は、さて何尾放流することができますか…。

【服部名人杯沖釣りサーキット・カワハギ大会】
  参加者募集中!

服部名人杯沖釣りサーキット第4戦を次の通り開催します。
▽と き  12/9(日) 小雨決行、荒天の場合は16日(日)に順延。
▽ところ  神奈川県三浦市小網代「丸十丸」=電話046(881)0100。
▽参加費  1万2000円。
  (船代、アサリむき身餌1袋支給、鉄オモリ代、懇親会費込み。
   うち、1000円は放流基金に寄付します)
  ※女性、中学生以下は2000円引き。
▽審 査  18cm以上のカワハギ3尾までの総重量。
▽申し込み 「丸十丸」へ電話か、JGFA事務局へFAX=03(6280)3952。
▽ルール  IGFAオールタックルルールに準ずる。(ハリ数は2本まで) 
▽その他  バッグリミットは18cm以上、10尾まで。
        環境に優しい鉄オモリ(25号)を使用します。当日1人につき4個支給。
        なお、安全のためライフジャケットを着用します。
どうぞ奮ってご参加下さい。

【第28回東京ベイシーバスゲームフェスティバル】
   参加者募集中!
秋のシーバスビッグイベント「東京ベイシーバスゲームフェスティバル」が、
今年も10月27日(土)〜28日(日)に(27日・前夜祭、28日大会)、
神奈川県新山下「タイク ーン」をベースに開催されます。
※このイベントはJGFA「ライトタックルサーキット・関東2012の第4戦にあた ります。
皆さん、奮ってご参加ください。
●期日:2012年10月27日(土)〜28日(日) (27日は前夜祭)
●会場:神奈川県横浜・新山下(釣り場は、東京湾一帯)
●主催:横浜ビルフィッシュクラブ・レッドヘッダーズ
●後援:JGFA
●ルール:IGFAルール およびオールタグ&リリース・バーブレスフック
●参加資格:JGFA会員とその家族及び友人。     
  ★チームキャプテンはJGFA会員に限る。
●参加費:1人につき10,000円(表彰パーティー費、傷害保険料含む)     
  ★女性5,000円、ジュニア(16歳以下)3,000円(1人につき)
  ★表彰パーティーのみの参加費:1人につき5,000円となります。
●日程:10/28(日)受付5:00〜 開会式6:00 
      スタートフィッシング7:00ストップフィッシング&審査開始12:00 
      審査締切13:00  
      表彰パーティー  13:30〜15:30

27回大会で77.5cmを釣り上げた柿澤寛さん(HAT-TRICK)
参加申し込み、問い合わせは東京ベイシーバスフェスティバル事務局へ。↓
  http://www5c.biglobe.ne.jp/~seabass/tokyo_bay/index.htm

【JGFAイベントスケジュール】
12月までのイベントスケジュールはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/event/


NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

今年も開催!シーバスフォトコンテスト
 イベント情報

   JGFA


  
【JGFAシーバスフォトコンテスト2012】   


 優勝者に贈られるトロフィー
日本を代表するゲームフィッシュ「シーバス」。
このゲームフィッシュのす ばらしさ、貴重さを全国のシーバスアングラーと共感し、
いつまでもシーバ スフィッシングが楽しめることを願って、
今秋10/1〜11/30にわたって開催するオールリリースのフォトコ ンテストです。
参加費は無料。ルアーとフライ部門あり。
 
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/event/p000300.html

【メーターオーバークラブ第1号!】
JGFAでは、2012年1月1日から淡水大魚に関して、
「メーターオーバークラブ」 というスペシャルクラブをスタートさせました。
これは、長さを認定対象と するはじめての「スペシャルクラブ」です。
その第1号がこのほど誕生しま した。
第1号となったのは、イトウの全長102cmでした。

アングラーは、北海 道の片岡鉄也さん。
JGFAに入会して、あなたもメーターオーバークラブ入りしてみませんか!?
★スペシャルクラブへの申請資格は、JGFA会員のみとなります。
  申請ご希望 の方は釣る前に必ずJGFA会員登録をお願いします。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/p000306.html

【JGFA服部名人杯沖釣りサーキット第3戦
 & オープン・ヒラメ大会】 参加者募集中!

JGFA主催の服部名人杯沖釣りサーキット第3戦は、オープン大会と合わせて、
9/30(日)に千葉県飯岡沖のヒラメを対象に開催します。
外房では大原、勝浦と肩を並べ るヒラメの宝庫。
数が望めるだけでなく、ジャンボが飛び出すのも夢ではあ りません。
この大会はIGFAルールで行い、
また、バッグリミットやサイズ制 限もありますが、これもゲームの内。
楽しい一日にしたいと思います。
JGFA 会員だけでなく一般参加者も募っての大会です。
ぜひお気軽にご参加下さい。
 
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/event/p000303.html

【金子新くん(16)
 ブリ14.5kgでジュニア世界記録】

(ジュニア/男性/11〜16歳の部)
先日はJGFA会員の永井裕策さん(神奈川県鎌倉市)が釣った、
5.45kgのダイナンアナゴが世界記録に認定されましたが、
この他に出色だったのがジュニア会員の釣り上げたブリです。

16歳の金子新くんが、長崎県の七 里ケ曽根(しちりがそね)でGETしたブリ14.5kg。
釣った日は2012.1.15。
「ジギ ングで釣ったこの魚は、自分でも考えられない大物でした」と新くん。
2歳から 釣りを始めて14年目。
冬の厳しい寒さの中で仕留めた1尾は一生の思い出になり そう。
▼ジュニア世界記録(IGFA)  
  男女別で10歳以下の部と、11〜16歳の部の2区分ある。
▼ジュニア日本記録(JGFA)  
  男女別でどちらも16歳以下。年齢の区分はない。
【お知らせ】
世界記録にも相当する日本記録の審査が変わりました。
JGFA世界記 録に相当するJGFA日本記録に関しては、
IGFA側の世界記録審査結果をもって日本記録を判断する方向となりました。
  (2011年1月分から実施しています)
詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/record/alltackle/

【マルタのオールタックル世界記録更新!】
手軽に釣れる魚として急浮上したマルタ。
日本(世界)記録に向けて今や激戦に なっています。
神奈川県逗子市に住むフィリップ・リッチモンドさんも熱烈なマ ルタ釣りファン。
事務局には多くの方々から写真を添えた申請書が次々と送られてきますが、
リッチモンドさんもそのメンバーの1人です。

2012.3.16に神奈川県の多摩川河口で釣り上げたマルタは2.50kg。
3kg(6ポンド) テストラインを使用。
「とにかくすごいファイトでした」が感想でした。


【立正中学・高校フィッシングクラブ合宿レポート】
JGFA会員のラルフ・ヌニエーズさん(同校教諭:担当:英語&英会話)
が顧問を務 める立正中学・高校フィッシングクラブの夏合宿が、
8月下旬の2日間、神奈川県三 浦市小網代・丸十丸を利用して行われました。
初日の対象は今や盛りのワラサ。

参加した10人全員がワラサの強烈な引きを楽しみ、
翌日はマアジ、シイラとのファイト。
バーベキューやマリンスポーツも堪能。
彼らにとっていい夏休みとなったようです。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/evnt-rslt/p000315.html


NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会
  (JGFA)

 〒104-0032 
 東京都中央区八丁堀2丁目22番8号
  日本フィッシング会館 4F
 TEL:03-6280-3950/FAX:03-6280-3952
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/