NEWSスクランブル ありとありゆるネタをいれてみました!
  なんでも
情報        
   
最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。

       7kg級キャットフィッシュも出て、も〜大変!
       7月イベント目白押し!
                 宮城アングラーズヴィレッジ


 

 
現在、下池キャットフィッシュ7キロ級出現など、熱い釣果がでております!!
さて、7月以降の当エリアのイベント情報をお知らせいたします。

7月1日(火)〜 サンライズ営業開始 (AM4:00〜)        
          7月月間ナマズダービー開始
7月5日(土)〜 良型バス毎週放流
7月11日(金)  キャットフィッシュ放流
7月19日(土)  宮城大戦 第1戦
7月26日(土)  「レイン」ライトラバジ巻き方教室
<7月ベイトフィッシュ(稚ゴイ)放流開始>

8月23日(土)  宮城大戦 第2戦
9月27日(土)  宮城大戦 第3戦

 宮城アングラーズヴィレッジ
  群馬県勢多郡宮城村苗ケ島1950
  TEL/FAX:027-283-0161
  URL 
http://www.anglers-village.com

   26年ぶりの記録更新!
    ヒラマサ日本記録
 JGFA 6月度日本記録審査報告


   
ルアー界のトップアングラーで、JGFAの北村秀行さん(61歳・常任理事)が、
30ポンドテストライン (15kg=約PE3号)でヒラマサの日本記録更新魚をゲット。
去る5月6日(火)、長崎県対馬・豆酘崎(つつざき) 沖で上げたのは、
136p・22.80kgの超ド級のヒラマサ!
  「ヒットしてからのやり取りに15分掛かりました。 久々の大物に大満足です」 
とのコメント。北村氏にとってご機嫌な1匹となった。
なお、30ポンドでは過去1982年10月に三宅島沖で上がった18,30kgが最高。
これは当時、日本で初の世界記録になったものでした。
それを26年ぶりに塗り替えたんだから すごいですね。

ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-11-2 アサヒビル2F
TEL:03−5423−6022  FAX:03−5423−6023
E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

  第24回 JGFA
ライトタックルトーナメント
 ジャパンゲームフィッシュ協会


5/25(日)に開催された「ライトタックルトーナメント」は、昨年から全国各地持ち回りで行われることになり、今年は第22回大阪ベイ・ライトタックルトーナメントとの併催で、兵庫県西宮市をベースに開催されました。4.3kgの大型シーバスを含め、100匹のタグ&リリースをするなど爆釣に次ぐ爆釣の大会となりました。

 前夜降った大雨は霧雨にかわり、無事スタート。
   
第24回JGFAライトタックルトーナメント&第22回大阪ベイ・ライトタックルトーナメントは、
24チーム、65名が参加して開催。いろいろな方々のご協力をいただき、無事終了。


【大会の趣旨】
 JGFA恒例となったライトタックルアングラーのためのお祭り。
 我々の相手となってくれるすばらしいゲームフィッシュたちを極力減らすことなく、
 いつまでも楽しい釣りができるように、そして、
 いつまでも夢のある大物が釣れる海であることを願って、このトーナメントが開催されています。
 釣った魚はすべて長さを計ってタグ&リリース。 フックはすべてバーブレスです。
 (キャスティングの際の安全性と、素早いリリースで魚体へのダメージを最小限にとどめようという配慮から。)
 JGFAの掲げるスローガン「いい釣りをいつまでも」を実践するとともに、
 その仲間の輪を広げることを目的とした大会です。
★JGFA主催の「JGFAライトタックルトーナメント」は、昨年から全国各地持ち回りで行われることになり、
 第24回目に当たる今年は兵庫県西宮市の「ウィンドワードオーシャンクラブ」をベースに、
 下記の日程、内容で行われました。
★今大会は「第22回大阪ベイ・ライトタックルトーナメント」の併催という形で行われました。
【大会の概要】
 ●主催     : NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)
 ●共催     : 大阪ベイ・ライトタックルトーナメント実行委員会
 ●特別協賛  : (株)モーリス
 ●協力     : ウィンドワードオーシャンクラブ、OBLTT実行委員会、
           BOL西日本、大阪ベイフィールドアシストクラブ
 ●協賛     : 釣具メーカー等23社
 ●開催日   : 2008年5月25日(日) 
 ●開催地   : ウィンドワードオーシャンクラブをベースとした大阪湾一帯
 ●参加チーム : 24
 ●参加選手  : 64人(うち女性3人、ジュニアの参加なし)
 ●参加艇   : 24隻(地元チャーターボート:6,レンタルボート:4、自己手配船:4,オーナーボート:10)
  
   
地元チーム「おじょうと愉快な仲間たち」の チームキャプテン中野敏彦さん。
76cmはじめ 良型を3本揃え、審査対象となる1チーム3尾 (以内)の、
合計叉長202cmをマークして見事優 勝しました。
(シーバスは撮影後、すぐリリースしました。)


その他の詳しい大会結果はこちらへ。↓
 http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=496

【結果レポート】 
 天候:曇り時々雨のち晴れ。風:北東微風。
 前夜の大雨で河川から真水が流れ込んで、大会会場前の西宮沖は白く濁り、
 多くのチームがお目当てにしていた台船群は、あまりぱっとしなかったようでした。
 各チームに支給されたタグは25本ずつ。
 この悪条件ですべてのタグを使い切るチームはまさかないだろうと思っていましたが、
 深江鋼南埠頭に入った「TOKYO エキスパート(B)」チームは、
 サイズは55cmどまりだったものの、これを全部使い切りました。
 タグ&リリースされたシーバスは全部で100尾だったので、
 その1/4をこの1チームで釣った計算になります。
 今回一番の大物は、「おじょうと愉快な仲間たち」の中野敏彦さん。
 叉長76cm、4.3kgのグッドサイズを西宮沖であげました。
 同チームの「おじょう」こと、井上まどかさんも叉長59cmをあげ、見事レディース大物賞を獲得。
 チーム賞の対象となる3尾の叉長合計で202ポイントをあげてダントツのチーム優勝を飾りました。
 悪条件もあって1人あたり1.56尾とややさびしい釣果でしたが、東京,三重,福岡など各地から、
 そして、地元関西のチームが集い、大阪湾のシーバスチャーターで活躍するボートキャプテンや、
 OSCのメンバーも参加して和やかなイベントとなりました。
 聞くところによると、大阪湾のスズキは違法な網漁による乱獲で近年その数が激減しているとか。
 たしかに10年以上前の大阪湾ではシーバスがよく釣れました。
 資源を大事にして、昔のようにシーバスがよく釣れる大阪湾にしようではありませんか。

ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-11-2 アサヒビル2F
TEL:03−5423−6022  FAX:03−5423−6023
E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

         ナマズもストライパーも顔を出す!
           バスエリア絶好調!      
               宮城アングラーズヴィレッジ

 
  
 バスエリアオープンから1ヶ月が経ちましたが、現在も絶好調です!!
 水温も上昇し始めサマーパターンで好釣果が連日出ております。

  
 共にアンダーポンドのキャットフィッシュも活動的になり、
 50〜70センチ級のストライパーも 連日出ております。
 初心者さんでもお気軽にバスフィッシングをお楽しみ頂けますぞ!

<今後のイベント予定>
  ・NAMAZUダービー
 6/1(日)
    (1日で釣った2本の総重量で競われます)
  ・宮城大戦 第1戦 7/19(土)        
         第2戦 8/23(土)(予定)
         第3戦 9/27(土)(予定)
 


 宮城アングラーズヴィレッジ
  群馬県勢多郡宮城村苗ケ島1950
  TEL/FAX:027-283-0161
  URL 
http://www.anglers-village.com