NEWSスクランブル ありとありゆるネタをいれてみました!
  なんでも
情報        
   
最新情報は上段にアップしていきます(ページは月毎)。前の情報は下へスクロールしてください。

この秋もいろいろ開催予定!
 イベント情報
   JGFA

今年は大物出るか?昨年のヒラメ釣り大会。
【JGFA沖釣りサーキット2009第3戦 
  服部名人杯ヒラメ・オープン釣り大会】

沖釣りが好きな人なら誰でも参加ができるヒラメ大会を、千葉県飯岡沖で9月27日(日)に開催します。
服部善郎釣り名人を囲み初秋の一日、ヒラメとのやり取りを楽しんでみませんか。
女性やヤングにも 人気の恒例の大会で現在、参加者を募集中です。
読者、友人など…ぜひご案内下さい。
★一般参加も大歓迎! 大物を釣って公式記録として世界に名を轟かせよう。
◇JGFA沖釣りサーキット2009第3戦 服部名人杯ヒラメ・オープン釣り大会。
  ▽主催 JGFA(NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会)
  ▽とき 9月27日(日) ▽ところ 千葉県飯岡・隆正丸=電話0479−57−5432
  ▽審査 40cm以上のヒラメ1匹の重量(同重量の場合は全長で決定)
  ▽募集人員 60人 ▽参加費 12,000円、女性・中学生以下7,000円(船代、餌代、懇親会費含む)
  ▽受付 午前4時、出船 午前5時、午後12時30分帰港、昼食、表彰式、懇親会
  ▽規定 シングルフックを2本まで、オモリは鉄製60号を全員統一で使用。     
   電動リール、クッションゴムの使用不可(IGFAルールに準ずる)
  ▽表彰 総合1〜10位。女性・特別賞ほかあり。
  ▽JGFA事務局=電話03−5423−6022。
★次回、JGFA沖釣りサーキット2009第4戦 服部名人杯オープン釣り大会は、
  12月13日(日)に神奈川県・小網代沖でカワハギを対象に開催します。
★詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=617


「第3級海上特殊無線技士養成講習会」受講者募集
★JGFA主催「第3級海上特殊無線技士養成講習会」の受講者を募集中!
  JGFAでは海上での安全確保の手段として、
  「第3級海上特殊無線技士養成講習会」を次の通り開催 します。
無線機の操作に必用な免許「第3級海上特殊無線技士」(通称・3海特)資格が、
わずか1日6時間 (法規4時間、無線工学2時間)の講習の後、
終了試験を行い国家資格が取得できます。
このチャンス、絶 対に見逃せません。
  ▽開講日:10月31日(土)9:00〜17:30(修了試験含む)
  ▽会 場:東京・港区「東京都立産業貿易センター」第3、第4会議室
  ▽定 員:60名 ▽受講料:25,000円(テキスト代、免許証申請費用などを含む)
  ▽申込み方法:JGFA事務局にご連絡の上、要項・申し込み書を請求。
   ※ただし、JGFA会員は 23,000円
  ▽申込み締切:10月20日(火)定員になり次第締め切り。
  ▽申し込み先:ジャパンゲームフィッシュ協会 事務局 担当・岡田正文       
   〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-11-2 アサヒビル2F       
    TEL:03-5423-6022
  ★こちらのリリースに関してのお問い合わせはこちら。↓
   JGFA事務局 岡田正文 okada@jgfa.or.jp  にメールをお送り下さい。
   なお、ホームページでもどうぞ。↓
     http://www.jgfa.or.jp/news/detail.html?LM_NWS_ID=621 

ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)
 〒150-0013
 東京都渋谷区恵比寿1-11-2 アサヒビル2F
 TEL:03−5423−6022 FAX:03−5423−6023
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/

帰ってきた管釣BASSトーナメント
   第二戦 結果報告
 
 
       宮城アングラーズヴィレッジ

 小林選手は20gという僅差でジュニア初の優勝!

 
 8月22日(土)にKBTリターン第2戦が当エリアにて開催されました!!
 朝方は雨がパラつきましたが、今大会も夏の日差しのもとでの開催となりました。
 優勝したのは小林選手。ジュニアアングラーがKBT史上初の優勝となりました。
 パターンは今年のクリアーな水質の宮城ならではのサイトフィッシング。
 スーパークロステールのジグヘッドをメインに、前半に立て続けにウェイインし、
 なんと、20g!という僅差の勝負を制しました。

 
  優勝 小林選手 1960g  
  2位  吉田選手 1940g
  3位  田部井選手 1860g
  4位  田村選手 1860g
  5位  上原選手 1800g


次戦は9月26日(土)開催。現在、参加者募集中です!
!参加費は無料でチケット購入のみでお気軽に御参加いただけます!!
参加申し込みはコチから。↓
  http://www.anglers-village.com/event/09KBT/09kbt2.html

 宮城アングラーズヴィレッジ
  群馬県勢多郡宮城村苗ケ島1950
  TEL/FAX:027-283-0161
  URL 
http://www.anglers-village.com
 

   第3回 がまかつ
 親子釣り写真コンテスト


子供たちにも釣りの楽しさや自然の大切さをもっと知ってほしい。 そして、親子で楽しんだ釣りの思い出を写真に撮って残してほしい。 そんな思いを趣旨とした、第3回 がまかつ「親子釣り写真コンテスト」を開催します。 親子で撮影した楽しい釣りシーンをどしどしお送り下さい。 最優秀賞には大画面テレビとブルーレイレコーダーのセットをご用意しております。 応募締切は9月30日。 夏休みの楽しい釣りの思い出をどんどんご応募下さい。 申し込み用紙はホームページからダウンロードができます。
▼詳細はこちらでご覧いただけます。   http://www.gamakatsu.co.jp/event/09photo/index.html

  株式会社 がまかつ
   兵庫県西脇市郷瀬町417
   TEL 0795-22-7392
   FAX 0795-22-8813

   
http://www.gamakatsu.co.jp

 シイラだ!カジキだ!!
 夏!海が熱い!!
  大会結果報告
   JGFA

 田村宏之さんが仕留めた叉長80cmのシイラ。        
 「てっぱつ」 とは言えないが上々のサイズだ
第8回てっぱつドルフィン・フェスティバル

2009ライトタックルサーキット関東・第4戦となるこの大会は、
7月26日(日)、千葉・富浦北ケーセン(多田良漁港) をベースに開催された。
南房総市富浦漁協に所属する保田・村井丸ほか計6隻に、
参加者65人が分乗、大房沖で スタートフィッシング。
しかし、沖合に展開する冷水帯の影響か状況としては芳 しくなく、
船長もアングラーたちもパターンがつかめない。
村井丸では移動中に、 小トビが変な動きをしてたためチェックすると、
いわゆる ペンペン(シイラの小型)のチェイ スがあってこれをキャッチ。
湾口部では剣崎沖のワラサ船団の周囲で、ペンペン や中型のチェイスが出はじめた。
釣果につながる成績が出たのは保田沖。
潮目で ポッパーに反応した検量サイズが浮き、その下にはメーター級も。
ここで田村宏 之さん(レッドヘッダーズ)の投げたミノーにヒット!。
この叉長80cmのシイラが 今回の優勝魚になった。
てっぱつとは言いがたいサイズだが、タフコンディショ ンの中で立派な魚!
エントリー2尾のうちもう1尾はゆかた丸に乗船の庄司三喜夫 さん(チームプラッギング)が仕留めた。
同じくこの海域でキャッチしたものだった。

 
 65人のドルフィンフリークス。おつかれさまでした!。来年もお会いしましょう!

◆大会成績 (長さは叉長、単位p)
  ▽一般の部 
   1位 田村宏之 80 (村井丸1号船 =レッドヘッダーズ)
   2位 庄司三喜夫 76(ゆたか丸=チームプラッギング)
  ▽船長賞 トモさん(村井丸1号船)
 
★てっぱつとは、房総の方言で「でっかい」という意味。
 詳しくはこちらをご覧下さい。↓
  http://teppatsu.jp/past.html


  第31回国際カジキ釣り大会

「第31回国際カジキ釣り大会」(JGFA=岡田順三会長=主催)が、
7月24日(金)〜26日(日) の3日間、静岡・下田港をベースに開催された。
世界に誇る釣りの祭典で、参加したのは全92 チーム、約455人。
伊豆近海でカジキとの攻防を展開、その結果、75回のストライ クに恵まれた。             
カジキ釣りの場合、ストライクがすべて釣果につながることはない。
今回釣れ た最大のクロカジキは24日(金)のクロカジキで225.5`。
壮絶なやり取りが4時間近く 続いたが、バラすことも非常に多いのがこのトローリング。
それを証すのが釣果だ。
3日間でタグ&リリース(T&R)が18尾、キャッチ(C)8尾で計26尾。
取り込 み成功率は3分の1。
昨年開催の同大会では3日間で77尾と開催以来最高の記録が出 たが、
ストライクは160回あった。  
梅雨は明けたはずなのが初日、2日目は大雨&南の強風。
水温も黒潮の接岸にム ラがあり、アオネでは16〜18度の冷水帯があり、高い所で24度。
そんな中、ストラ イクが目立ったのはこの高い潮温が分布していた、
式根・新島の西側に位置するヒ ョータン周辺の海域だった。
特筆は初日に12尾上がった内の1尾。
チャーター船 の若宮丸に乗船した、 マーリン&ツナクラブ
(愛媛・松山市)の柏原克巳さん(37) が釣り上げた225.5`のクロカジキだ。
  「取り込みに3時間58分も掛かったが、遠 征して来た甲斐がありました」 と柏原さん。
相手がどんな大物であっても1人で上 げるのがIGFA(国際)ルール。
30 lb(15`)テストラインを使用しての快挙 で、日本記録の候補となった。
 
 遊漁船「若宮丸」(土屋嘉公船長)で30lbラインの         
 日本新記録に相当する225.5kgのクロカジキを釣っ         
 た柏原 克巳さん(カジキの左)とマーリン&ツナク         
 ラブのメンバー。


2日目を終わって、暫定順位は、1位フェニックス(神奈川県・葉山) 、
2位マーリ ン&ツナクラブ、3位ロベリーナ(神奈川・藤沢)。
水温も24〜26度台と状況はベス ト。
朝からバラシが続くが、9時54分、この日17番目のヒットコールを入れた洋啓丸(東京・港区)が
、 その10分後にヒョータン南でカジキをT&Rし、これがこの日の ファストマーリンとなった。
その後もヒットが続きストライク28回、T&R=5尾、 C=2尾をマークした。
初日に1尾ゲットしていたホワイトロータス(神奈川・横浜) は、
通算2尾のク ロカジキをT&Rして、前日まで3位だったロベリーナを逆転、3位に食い込んだ。
その結果、優勝はフェニックスの頭上に輝き、
旧名・ブルーマーリンクラブ時代 から通算4度目の優勝を果たした。
 
◇大会成績 (単位点)  
▼団体総合 
  1位 フェニックス500 
  2位 マーリン&ツナクラブ452.8        
  3位 ホワイトロータスFC450  
▼個人総合 
  1位 高橋一郎 
  2位 柏原克巳 
  3位 露木俊也 (敬称略)

詳しくはこちらをご覧下さい。↓
 http://www.jgfa.or.jp/news/detail_k.html?LM_NWS_ID=16


ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)
 〒150-0013
 東京都渋谷区恵比寿1-11-2 アサヒビル2F
 TEL:03−5423−6022 FAX:03−5423−6023
 E-mail : japan@jgfa.or.jp 

  http://www.jgfa.or.jp/  

 帰ってきた管釣BASSトーナメント第一戦 結果報告 
     
            宮城アングラーズヴィレッジ

 
7月25日(土)に開催いたしましたKBTリターン第1戦の結果を 御報告させていただきます。
  優勝 的野 有選手 2380g
  2位  青木 洋一選手 2300g
  3位  上原 昭彦選手 2260g
  4位  齊官 淳選手  2120g
  5位  室岡 政樹選手 2020g

今年の宮城ならではのクリアな水質を生かしたサイトフィッシング。
沖目のブッシュのカバー撃ち等を駆使し、うまくキロフィッシュなどを混ぜた選手が入賞いたしました。
暑い中でしたが66名の選手が戦い抜きました。
詳しい情報はコチラより。↓
  http://www.anglers-village.com/event/7gatu/09KBT/09kbt1kekka.html

次戦は8/22(土)です。現在、募集受付中!!
3戦は9/26(土)、4戦は10/24(土)に開催です。


 宮城アングラーズヴィレッジ
  群馬県勢多郡宮城村苗ケ島1950
  TEL/FAX:027-283-0161
  URL 
http://www.anglers-village.com